uploaded

【絶体絶命】彼氏と別れて一か月ほどたった頃…元彼『合い鍵を返して欲しい。今から取りに行く』私「わかった」→鍵を渡すと・・元彼『少し話したいから、隣に座れよ』促されるまま助手席へ座る私。が、考えが甘かった。車を出ようとドアに手をかけた瞬間、車を猛発進させて・・!!

27cb9d8b3b07e37e9f94128c1365a22b

当時、私23歳、彼氏31歳。

付き合い始めは優しかった彼氏だが、半年を過ぎたころから不穏な影がちらつき始め、些細な誤解で途端に声を荒げたりするようになった。
元カレと連絡を取ってるだろう、だの、性病になった、浮気してるだろう、だの。
(まったくの誤解。
性病疑惑も単なる膀胱炎だった)

私がいくら冷静に諭しても、怒鳴るばかりで聞く耳を持たない。
そのくせ勘違いとわかると、人が変わったように、猫撫で声で「ごめんな、どうかしてた、好きだよ」と甘えてくる。

そんなことが度々あって、これはヤバイかも、と思い、穏便に別れを切り出した。
好きだけど価値観が合わないから、将来のことが考えられない、とかなんとか。
実際、すぐにでも結婚したい彼氏、就職して間もない、仕事が楽しくて仕方ない私、という状態だったので、多少ごねられるも別れ話はスムーズに運んで一件落着。

そして、別れてからひと月程経ったころ。
休日の夜、私が家でごろごろしていると、彼氏から電話が。
「合い鍵を返して欲しい。
今から取りに行く」
とのこと。
了承してしばらく経つと、彼氏が家の前に到着。
部屋着のスウェットにスッピンのまま、玄関先で鍵を返す。
と、彼氏が
「少し話したいから、隣に座れよ」と言ってきた。
少し警戒はしたし、今思えば軽率だった。
でも、なんだかんだ言って一年以上付き合った彼氏。
感情の起伏が激しく、すぐに怒鳴るところは我慢できなかったし、別れを選びはしたけど、まだ信頼もしてた(そのときは)。
実家の玄関前だし、まぁ大丈夫だろうとも思った。
促されるまま助手席へ座る私。

が、考えが甘かった。

付き合っていたころの思い出話→別れて辛い→俺の何がいけなかったんだ
…と、徐々に感情的になる彼氏。
これはヤバイな、と思い、そろそろ家に戻るね、とドアに手をかけた瞬間、エンジンをかけ、車を猛発進させる彼氏。

やられた、と思う間もなく、猛スピードで家から遠ざかる車。
やめて、とめて、と懇願しても、真っ直ぐ前だけを見て車を走らせる彼氏。
私のほうをちらりとも見ない。
信号も無視してぶっちぎり、車を降りるタイミングも得られないまま、車はどんどん山道へ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【絶体絶命】彼氏と別れて一か月ほどたった頃…元彼『合い鍵を返して欲しい。今から取りに行く』私「わかった」→鍵を渡すと・・元彼『少し話したいから、隣に座れよ』促されるまま助手席へ座る私。が、考えが甘かった。車を出ようとドアに手をかけた瞬間、車を猛発進させて・・!!

27cb9d8b3b07e37e9f94128c1365a22b

当時、私23歳、彼氏31歳。

付き合い始めは優しかった彼氏だが、半年を過ぎたころから不穏な影がちらつき始め、些細な誤解で途端に声を荒げたりするようになった。
元カレと連絡を取ってるだろう、だの、性病になった、浮気してるだろう、だの。
(まったくの誤解。
性病疑惑も単なる膀胱炎だった)

私がいくら冷静に諭しても、怒鳴るばかりで聞く耳を持たない。
そのくせ勘違いとわかると、人が変わったように、猫撫で声で「ごめんな、どうかしてた、好きだよ」と甘えてくる。

そんなことが度々あって、これはヤバイかも、と思い、穏便に別れを切り出した。
好きだけど価値観が合わないから、将来のことが考えられない、とかなんとか。
実際、すぐにでも結婚したい彼氏、就職して間もない、仕事が楽しくて仕方ない私、という状態だったので、多少ごねられるも別れ話はスムーズに運んで一件落着。

そして、別れてからひと月程経ったころ。
休日の夜、私が家でごろごろしていると、彼氏から電話が。
「合い鍵を返して欲しい。
今から取りに行く」
とのこと。
了承してしばらく経つと、彼氏が家の前に到着。
部屋着のスウェットにスッピンのまま、玄関先で鍵を返す。
と、彼氏が
「少し話したいから、隣に座れよ」と言ってきた。
少し警戒はしたし、今思えば軽率だった。
でも、なんだかんだ言って一年以上付き合った彼氏。
感情の起伏が激しく、すぐに怒鳴るところは我慢できなかったし、別れを選びはしたけど、まだ信頼もしてた(そのときは)。
実家の玄関前だし、まぁ大丈夫だろうとも思った。
促されるまま助手席へ座る私。

が、考えが甘かった。

付き合っていたころの思い出話→別れて辛い→俺の何がいけなかったんだ
…と、徐々に感情的になる彼氏。
これはヤバイな、と思い、そろそろ家に戻るね、とドアに手をかけた瞬間、エンジンをかけ、車を猛発進させる彼氏。

やられた、と思う間もなく、猛スピードで家から遠ざかる車。
やめて、とめて、と懇願しても、真っ直ぐ前だけを見て車を走らせる彼氏。
私のほうをちらりとも見ない。
信号も無視してぶっちぎり、車を降りるタイミングも得られないまま、車はどんどん山道へ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る