uploaded

電車の中でDQNの足を踏んでしまい、私「ごめんなさい!」DQN『誠意見せろや!』私「(誰か助けて…)」→女『この泥棒猫!』DQN『( ゚д゚)ポカーン』私「!?」→結果…

年前、田舎者の私が上京したて
だったころの話。
電車の中で若い金髪ニーチャンの足を
踏んでしまった。
すぐに謝ったけど、向こうは激昂して
許してくれなかった。
何か漫画によくあるような展開で、
(それで謝ってるつもりか!誠意見せろや!
みたいな感じだったと思う。
他にも数人金髪仲間がいて、
ニヤニヤしながら眺めてた)

気の弱い私はもう土下座寸前まで
いったと思う。
誰か助けてー((((゜д゜;))))とgkbr
していると、向こうから般若の形相で
歩いてくる女性がいる。
助けてくれるのか!?と思ったら、
彼女は金髪をドンと押しのけ
私に向かって一言、

「この 泥 棒 猫 !!」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
電車の中でDQNの足を踏んでしまい、私「ごめんなさい!」DQN『誠意見せろや!』私「(誰か助けて…)」→女『この泥棒猫!』DQN『( ゚д゚)ポカーン』私「!?」→結果…

年前、田舎者の私が上京したて
だったころの話。
電車の中で若い金髪ニーチャンの足を
踏んでしまった。
すぐに謝ったけど、向こうは激昂して
許してくれなかった。
何か漫画によくあるような展開で、
(それで謝ってるつもりか!誠意見せろや!
みたいな感じだったと思う。
他にも数人金髪仲間がいて、
ニヤニヤしながら眺めてた)

気の弱い私はもう土下座寸前まで
いったと思う。
誰か助けてー((((゜д゜;))))とgkbr
していると、向こうから般若の形相で
歩いてくる女性がいる。
助けてくれるのか!?と思ったら、
彼女は金髪をドンと押しのけ
私に向かって一言、

「この 泥 棒 猫 !!」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る