uploaded

オネェの俺を慕う彼女。女同士として付き合っていたが・・俺「実は男なんだ!」彼女『えっ実は私も』俺「えっ」→とんでもないことになったwwwww

俺は男としてこの世に生を受けたが、
俺の子供の頃のアルバムはもれなく俺が女の子の服を着ている写真で埋まっている。
二人の姉と、親戚も従姉妹も全員女ばかりで、それらのおさがりが山ほどあったせいだ。
そのせいか俺は女装に対して抵抗感が無かった。

成長してからは流石に男物の服を買ってもらいそれを着ていたが、

内心はそんな服より女物の服が着たかった。

ズボンよりもスカートが、ジャケットよりもワンピースが、学ランよりもセーラー服が着たかった。先に言っておくが俺は変態ではない。それでも周囲の目を気にして、その特殊な性癖は一切人目に晒さず生きてきた。
だがついに我慢の限界がきた。
大学に進学し一人暮らしを始めると、俺は長年の溜まりに溜まった欲望を開放した。
仕送りとバイトの金で女物の服を買いあさった。
化粧も覚えた、ダイエットも始めた、言葉使いも変えた、一年もたった頃には俺はすっかり「おネエ」になっていた。

繰り返すが俺は変態ではない。
なぜなら外見こそ女になったが、俺はいたってノーマルだったからだ。
俺が恋愛対象として見れる相手は女性だけで、男に対してせい的な意味で好意を抱いたことは一度もなかったからだ。

それまでは。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
オネェの俺を慕う彼女。女同士として付き合っていたが・・俺「実は男なんだ!」彼女『えっ実は私も』俺「えっ」→とんでもないことになったwwwww

俺は男としてこの世に生を受けたが、
俺の子供の頃のアルバムはもれなく俺が女の子の服を着ている写真で埋まっている。
二人の姉と、親戚も従姉妹も全員女ばかりで、それらのおさがりが山ほどあったせいだ。
そのせいか俺は女装に対して抵抗感が無かった。

成長してからは流石に男物の服を買ってもらいそれを着ていたが、

内心はそんな服より女物の服が着たかった。

ズボンよりもスカートが、ジャケットよりもワンピースが、学ランよりもセーラー服が着たかった。先に言っておくが俺は変態ではない。それでも周囲の目を気にして、その特殊な性癖は一切人目に晒さず生きてきた。
だがついに我慢の限界がきた。
大学に進学し一人暮らしを始めると、俺は長年の溜まりに溜まった欲望を開放した。
仕送りとバイトの金で女物の服を買いあさった。
化粧も覚えた、ダイエットも始めた、言葉使いも変えた、一年もたった頃には俺はすっかり「おネエ」になっていた。

繰り返すが俺は変態ではない。
なぜなら外見こそ女になったが、俺はいたってノーマルだったからだ。
俺が恋愛対象として見れる相手は女性だけで、男に対してせい的な意味で好意を抱いたことは一度もなかったからだ。

それまでは。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る