uploaded

社員旅行で酔った先輩女性と後輩男がやりだした→興奮した別の先輩女性が俺に・・・

員旅行で温泉に行ったとき、宴会で
飲みすぎた僕は宴会場を出てロビーの
ソファーで休んでいました。
そこへ先輩のユキエさんが来て、しばらく
話し込んでしましたが、眠くなったので
自分の部屋に戻ることにした。
しかし、すでにそこはマージャンが始まって
いてとても寝られそうにありませんでした。

「だめだ、寝られそうにないや。」
とドアを閉めると、ユキエさんが
「ちょっとだったら、うちらの部屋で
寝てけばいいじゃん。」と言ってくれたので
他意はなく彼女たちの部屋にいきました。
彼女の同室の人たちは二次会へくりだした
らしく誰もおらず、二人きりになりました。

僕は睡魔に襲われ部屋の隅の布団に
崩れるように入り寝入りました。
一眠りして目を覚ますとユキエさんが隣に
寝ていました。
そこへ、後輩のKが同じく先輩女性の
ユウコさんに連れられて部屋に
入ってきました。
「先輩、なにしてるんすか? 
ユキエさんと二人っきりじゃないすか!。」
と、酔った感じで言うとユウコさんも
「S君、やらしい! 
ユキエとしちゃったのお?」と騒ぎ出す始末

僕は少し酔いが冷め始め、ユキエさんも
目を覚ましたので4人でビールを
飲み始めました。
しばらくすると、冷え性のユウコさんが
「足がつめたくなっちゃった。といって
布団にもぐりこむと後輩のKが
「僕が暖めてあげる。」とかいって
ユウコさんの布団にもぐりこみ
足を絡めあっている様子。

ユキエさんも「わたしも足が冷たいの。」
というので布団の中で足を絡めあいました。

ふと気づくとユウコさんの
息づかいがおかしい。
Kは布団の中にもぐりこんでなにやら、
いやらしいことをしている様子。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
社員旅行で酔った先輩女性と後輩男がやりだした→興奮した別の先輩女性が俺に・・・

員旅行で温泉に行ったとき、宴会で
飲みすぎた僕は宴会場を出てロビーの
ソファーで休んでいました。
そこへ先輩のユキエさんが来て、しばらく
話し込んでしましたが、眠くなったので
自分の部屋に戻ることにした。
しかし、すでにそこはマージャンが始まって
いてとても寝られそうにありませんでした。

「だめだ、寝られそうにないや。」
とドアを閉めると、ユキエさんが
「ちょっとだったら、うちらの部屋で
寝てけばいいじゃん。」と言ってくれたので
他意はなく彼女たちの部屋にいきました。
彼女の同室の人たちは二次会へくりだした
らしく誰もおらず、二人きりになりました。

僕は睡魔に襲われ部屋の隅の布団に
崩れるように入り寝入りました。
一眠りして目を覚ますとユキエさんが隣に
寝ていました。
そこへ、後輩のKが同じく先輩女性の
ユウコさんに連れられて部屋に
入ってきました。
「先輩、なにしてるんすか? 
ユキエさんと二人っきりじゃないすか!。」
と、酔った感じで言うとユウコさんも
「S君、やらしい! 
ユキエとしちゃったのお?」と騒ぎ出す始末

僕は少し酔いが冷め始め、ユキエさんも
目を覚ましたので4人でビールを
飲み始めました。
しばらくすると、冷え性のユウコさんが
「足がつめたくなっちゃった。といって
布団にもぐりこむと後輩のKが
「僕が暖めてあげる。」とかいって
ユウコさんの布団にもぐりこみ
足を絡めあっている様子。

ユキエさんも「わたしも足が冷たいの。」
というので布団の中で足を絡めあいました。

ふと気づくとユウコさんの
息づかいがおかしい。
Kは布団の中にもぐりこんでなにやら、
いやらしいことをしている様子。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る