uploaded

ヤリ○ンの先輩の部屋へ彼女と行ったら先輩の策略にひっかかり最悪なことに・・・

学時代のことです。
僕(裕樹22歳)が彼女の(美香22歳)
と街をブラブラと歩いているところに
大学時代の先輩だった人から電話がありました
「おー久しぶり、お前今何してんの?
暇だったら久しぶりに家来いよ、呑もうぜ」

彼女といることを伝え断ろうと思いましたが
先輩の家にも彼女がいるから、連れて来いよ
と半ば強引に先輩の家に呼ばれてしまいました。

その先輩というのは嫌なタイプで、
癖が悪く、ヤリ○ンと呼ばれているような人
で彼女を見せるのも嫌な気分でした。
でも外見は爽やかで女受けは良かったので、
大学時代は凄くもてていました。
僕は憂鬱でしたが、彼女は自分の知り合いに
会えることを喜んでいました。

「先輩っていくつ上なの?
私行って邪魔じゃないかな?」

「2つ上だよ、先輩が連れて来いって
行ってるから大丈夫だよ」

少しウキウキしている彼女を横目で見ながら
先輩の家に向かいました。
心の中では自分の大切な彼女が先輩の部屋に
入るというだけで嫌な気分で一杯でした。

しばらくして先輩の家に着くと
感じの良さそうな態度で先輩が迎えました。
「おー久しぶり、まー入れよ」
2人で家に入ると先輩の彼女(奈緒ちゃん)
も明るく迎えてくれました。
ちょっとギャルっぽいけど、かわいいコで
22歳ということでした。

先輩は早速という感じで美香を
見回しているようでした。
一通り挨拶も済んで4人で呑むことに
なりました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
ヤリ○ンの先輩の部屋へ彼女と行ったら先輩の策略にひっかかり最悪なことに・・・

学時代のことです。
僕(裕樹22歳)が彼女の(美香22歳)
と街をブラブラと歩いているところに
大学時代の先輩だった人から電話がありました
「おー久しぶり、お前今何してんの?
暇だったら久しぶりに家来いよ、呑もうぜ」

彼女といることを伝え断ろうと思いましたが
先輩の家にも彼女がいるから、連れて来いよ
と半ば強引に先輩の家に呼ばれてしまいました。

その先輩というのは嫌なタイプで、
癖が悪く、ヤリ○ンと呼ばれているような人
で彼女を見せるのも嫌な気分でした。
でも外見は爽やかで女受けは良かったので、
大学時代は凄くもてていました。
僕は憂鬱でしたが、彼女は自分の知り合いに
会えることを喜んでいました。

「先輩っていくつ上なの?
私行って邪魔じゃないかな?」

「2つ上だよ、先輩が連れて来いって
行ってるから大丈夫だよ」

少しウキウキしている彼女を横目で見ながら
先輩の家に向かいました。
心の中では自分の大切な彼女が先輩の部屋に
入るというだけで嫌な気分で一杯でした。

しばらくして先輩の家に着くと
感じの良さそうな態度で先輩が迎えました。
「おー久しぶり、まー入れよ」
2人で家に入ると先輩の彼女(奈緒ちゃん)
も明るく迎えてくれました。
ちょっとギャルっぽいけど、かわいいコで
22歳ということでした。

先輩は早速という感じで美香を
見回しているようでした。
一通り挨拶も済んで4人で呑むことに
なりました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る