uploaded

仕事で忙しくて構ってやれなかった嫁が夜中にとんでもない事してた・・・・

愛結婚で、お互いへの愛情もまだまだ
冷めてはいない。
子供はまだいないし、今は難しいけど
いつかは欲しい。
そんな感じで、夫婦生活は順調にいっている
と思ってた。

薄給の割に仕事はハードで、毎日残業は
当たり前。
最初は夕食を作っていっしょに食べようと
待っていてくれた嫁も、いつの間にか
夕食にラップをしておいて、先に寝ている
ようになった。

給料が安い反面、会社の寮はなかなか
よかった。
独身専用の寮はワンルームだけれど、
結婚すると家族向けの部屋があてがわれる。
子供がまだいなかったから、リビングと、
夫婦でひとつずつ寝室を持つことにした。

「夫婦の仲を長続きさせるためには
室はいっしょにしたほうがいい」
とよく言うけれど、同棲とかしないで
いきなり結婚したから、お互いの
プライベートスペースがあったほうが
いいだろうって思ったんだ。

で、いつも通り帰宅したら嫁の部屋のドアの
下から、明かりは漏れていない。
あぁ、寝てるんだな~って思って、
いつも声をかけることもなく俺も寝ることに
してた。

起こしてもかわいそうだし。

ある夜、ふと尿意を感じて起きて、トイレに
行こうと思って嫁の部屋の前を通ったんだ。
そしたら、俺が帰ってきたときには明かりが
ついていなかったのに、明かりが
漏れてたんだよ。

深夜の、だいたい3時は過ぎていたと思う。

で、気になって、悪いとは思いつつも
聞き耳を立てていたら、どうも相手は男らしい。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
仕事で忙しくて構ってやれなかった嫁が夜中にとんでもない事してた・・・・

愛結婚で、お互いへの愛情もまだまだ
冷めてはいない。
子供はまだいないし、今は難しいけど
いつかは欲しい。
そんな感じで、夫婦生活は順調にいっている
と思ってた。

薄給の割に仕事はハードで、毎日残業は
当たり前。
最初は夕食を作っていっしょに食べようと
待っていてくれた嫁も、いつの間にか
夕食にラップをしておいて、先に寝ている
ようになった。

給料が安い反面、会社の寮はなかなか
よかった。
独身専用の寮はワンルームだけれど、
結婚すると家族向けの部屋があてがわれる。
子供がまだいなかったから、リビングと、
夫婦でひとつずつ寝室を持つことにした。

「夫婦の仲を長続きさせるためには
室はいっしょにしたほうがいい」
とよく言うけれど、同棲とかしないで
いきなり結婚したから、お互いの
プライベートスペースがあったほうが
いいだろうって思ったんだ。

で、いつも通り帰宅したら嫁の部屋のドアの
下から、明かりは漏れていない。
あぁ、寝てるんだな~って思って、
いつも声をかけることもなく俺も寝ることに
してた。

起こしてもかわいそうだし。

ある夜、ふと尿意を感じて起きて、トイレに
行こうと思って嫁の部屋の前を通ったんだ。
そしたら、俺が帰ってきたときには明かりが
ついていなかったのに、明かりが
漏れてたんだよ。

深夜の、だいたい3時は過ぎていたと思う。

で、気になって、悪いとは思いつつも
聞き耳を立てていたら、どうも相手は男らしい。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る