uploaded

私の悲鳴を聞いて、パンツ1丁で風呂から飛び出してきた母、それを見た宅配便のお兄さんは・・

が2歳の時の修羅場
家の縁側で祖母がアイロンがけをしており、
私は中の部屋で昼寝をしていたらしい
そこに宅配便のお兄さんがやってきて、
夏の暑い日だったので、祖母は
冷たい麦茶をふるまった

田舎だし、そのお兄さんもご近所さんだし、
よくある話だったんだけど、
祖母が麦茶を出して世間話をしていたところ
「ふんぎゃぁぁああああぁぁぁあぁ!!!」
と、ものすごい悲鳴を私があげ、
けたたましく泣き出した
祖母もお兄さんもびっくりして急いで私を
見たところ、なんとアイロン台の下に
祖母が隠したつもりだったアイロンを
寝ていたはずの私がつかみ、自分の左手に
アイロンをかけていた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
私の悲鳴を聞いて、パンツ1丁で風呂から飛び出してきた母、それを見た宅配便のお兄さんは・・

が2歳の時の修羅場
家の縁側で祖母がアイロンがけをしており、
私は中の部屋で昼寝をしていたらしい
そこに宅配便のお兄さんがやってきて、
夏の暑い日だったので、祖母は
冷たい麦茶をふるまった

田舎だし、そのお兄さんもご近所さんだし、
よくある話だったんだけど、
祖母が麦茶を出して世間話をしていたところ
「ふんぎゃぁぁああああぁぁぁあぁ!!!」
と、ものすごい悲鳴を私があげ、
けたたましく泣き出した
祖母もお兄さんもびっくりして急いで私を
見たところ、なんとアイロン台の下に
祖母が隠したつもりだったアイロンを
寝ていたはずの私がつかみ、自分の左手に
アイロンをかけていた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る