uploaded

『妻の思いやり』 – 離婚の条件 –

new_104

 

仕事から帰宅すると、
妻は食事の支度をととのえていた。

僕は彼女の手をにぎり
「話があるんだ」と切り出した。

妻は何も言わず席についた。
その目は苦痛に満ちていた。

ふと、僕はどう切り出したら
いいのか分からなくなった。

… でも言わなければならない。
「離婚したいんだ」と。

僕は冷静に、その言葉を口にした。

妻は大したリアクションも見せず、
ただ静かに聞き返した。「どうして?」

その問いに敢えて答えないでいたら、
妻はとうとう怒りをあらわにした。

彼女は箸を投げ散らかし叫んだ。
「あんたなんか、男じゃない!!」

その夜、その口論のあと
僕らはとうとう一言も言葉を交わさなかった。

妻のすすり泣く声がかすかに聞こえた。
わかっている。
どうして僕らがこうなってしまったのか、
妻はその理由を知りたがっているのだ。

でも僕は、
彼女を納得させられるような
説明をとうてい与えられるはずはなかった。

それもそのはず。
僕は「ジェーン」という
他の女性を愛してしまったのだ。

妻のことは、、、もう愛していなかった。
ただ哀れんでいただけだったのだ!

深い罪悪難に苛まれながら、
僕は離婚の「承諾書」を書き上げた。

その中には、
家は妻に譲ること、
車も妻に譲ること、
僕の会社の30%の株も
譲渡することを記した。

彼女はそれをチラと見ただけで、
ビリビリと破り捨てた。

僕がこの10年という月日を共に過ごした、
この女は僕にとってもはや
「見知らぬだれか」に成り下がっていた。

彼女が今まで僕のために浪費した、
時間、労力、エネルギーに対しては、、、
本当に申し訳ないと思っている。

でも自分が「ジェーン」を愛している
という気持ちに、これ以上目を
背けることは出来なかった。

承諾書を破り捨てたあと、
妻はとうとう大声をあげて泣き始めた。

ヘンな言い方だが、
僕はその彼女の泣く姿を見て少しホッとしたのだ。
これで離婚は確定だ。

この数週間、
呪いのように頭の中につきまとっていた
「離婚」という二文字は、
これでとうとう現実化したのだ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
『妻の思いやり』 – 離婚の条件 –

new_104

 

仕事から帰宅すると、
妻は食事の支度をととのえていた。

僕は彼女の手をにぎり
「話があるんだ」と切り出した。

妻は何も言わず席についた。
その目は苦痛に満ちていた。

ふと、僕はどう切り出したら
いいのか分からなくなった。

… でも言わなければならない。
「離婚したいんだ」と。

僕は冷静に、その言葉を口にした。

妻は大したリアクションも見せず、
ただ静かに聞き返した。「どうして?」

その問いに敢えて答えないでいたら、
妻はとうとう怒りをあらわにした。

彼女は箸を投げ散らかし叫んだ。
「あんたなんか、男じゃない!!」

その夜、その口論のあと
僕らはとうとう一言も言葉を交わさなかった。

妻のすすり泣く声がかすかに聞こえた。
わかっている。
どうして僕らがこうなってしまったのか、
妻はその理由を知りたがっているのだ。

でも僕は、
彼女を納得させられるような
説明をとうてい与えられるはずはなかった。

それもそのはず。
僕は「ジェーン」という
他の女性を愛してしまったのだ。

妻のことは、、、もう愛していなかった。
ただ哀れんでいただけだったのだ!

深い罪悪難に苛まれながら、
僕は離婚の「承諾書」を書き上げた。

その中には、
家は妻に譲ること、
車も妻に譲ること、
僕の会社の30%の株も
譲渡することを記した。

彼女はそれをチラと見ただけで、
ビリビリと破り捨てた。

僕がこの10年という月日を共に過ごした、
この女は僕にとってもはや
「見知らぬだれか」に成り下がっていた。

彼女が今まで僕のために浪費した、
時間、労力、エネルギーに対しては、、、
本当に申し訳ないと思っている。

でも自分が「ジェーン」を愛している
という気持ちに、これ以上目を
背けることは出来なかった。

承諾書を破り捨てたあと、
妻はとうとう大声をあげて泣き始めた。

ヘンな言い方だが、
僕はその彼女の泣く姿を見て少しホッとしたのだ。
これで離婚は確定だ。

この数週間、
呪いのように頭の中につきまとっていた
「離婚」という二文字は、
これでとうとう現実化したのだ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る