uploaded

今まで初対面では誰も読めなかった俺の名字を正しく読んだ彼女。正体は…

アイキャッチ267

 取引先の営業から紹介された新人のアシスタントは、今まで
初対面では誰も読めなかった珍しい俺の名字を一発で読んだ。
「お、すごい。これいきなり読める人なかなか居ないんですよ」
「えと、高校の頃の知り合いに同じ名字の人が居まして」
 俺はそれが彼女との初めての会話だとずっと思ってた。 

 実はそうじゃなかったって事は、彼女と付き合う様になって 
しばらくしてから教えてもらった。それは俺高3・彼女高1の頃。 
「どしたの?パンク?」 
「いえ、チェーン外れちゃったみたいで」 
 自転車で帰宅しようとして学校の駐輪場で困ってた彼女に、 
最初に声をかけたのが実は俺だった。恩着せがましい事を言う 
でもなく、手の油汚れを気にするでもなく応急処置を済ませて、 
「一度自転車屋さんに見てもらってね、じゃ、気をつけて」 
「あの、ありがとうございました」 
 そのお節介焼きな物好きが生徒会長だということを、彼女は 
数日後の全校集会で知った。 
「それで、実は密かに憧れてたんですよ」 
 でも、なんの接点も無い高校生の2年差はそれなりに大きく、 
結局何もできないまま、密かな憧れのまま、生徒会長は卒業。 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
今まで初対面では誰も読めなかった俺の名字を正しく読んだ彼女。正体は…

アイキャッチ267

 取引先の営業から紹介された新人のアシスタントは、今まで
初対面では誰も読めなかった珍しい俺の名字を一発で読んだ。
「お、すごい。これいきなり読める人なかなか居ないんですよ」
「えと、高校の頃の知り合いに同じ名字の人が居まして」
 俺はそれが彼女との初めての会話だとずっと思ってた。 

 実はそうじゃなかったって事は、彼女と付き合う様になって 
しばらくしてから教えてもらった。それは俺高3・彼女高1の頃。 
「どしたの?パンク?」 
「いえ、チェーン外れちゃったみたいで」 
 自転車で帰宅しようとして学校の駐輪場で困ってた彼女に、 
最初に声をかけたのが実は俺だった。恩着せがましい事を言う 
でもなく、手の油汚れを気にするでもなく応急処置を済ませて、 
「一度自転車屋さんに見てもらってね、じゃ、気をつけて」 
「あの、ありがとうございました」 
 そのお節介焼きな物好きが生徒会長だということを、彼女は 
数日後の全校集会で知った。 
「それで、実は密かに憧れてたんですよ」 
 でも、なんの接点も無い高校生の2年差はそれなりに大きく、 
結局何もできないまま、密かな憧れのまま、生徒会長は卒業。 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る