uploaded

中学生の頃家出し、見知らぬ男の家に泊まったら襲われた

hqdefault

中学校一年生の時に、親と些細な事で喧嘩した。

家を飛び出して、少ない小遣いで行けるところまでいった。
死のうかな、なんて思い、田舎のとある駅で下車。
死ぬ場所求めて藪の中に入った。

当時都会でしか暮らしたことがなく、田舎の寒さや夜の暗さなんて想像してなく、急に心細くなった。
家に帰りたい、親に謝ろうと考えた。

そうしたらお腹が空いて仕方なくなった。
藪から何とか抜け出すと、また駅に戻った。

駅にコンビニすらなかったので、取り敢えず電車に乗り数駅先の大きな駅に出た。
改札を出ようとすると、切符がない。
それを駅員に伝えると、切符を無くしたら東京都内からの金額(2000円くらいだったか?)を支払わないとダメだと言われた。

それを払ってしまったら、もう家に帰れない。

事情を話すも駅員は取り合ってくれなかった。
早く払え、迷惑だ、早く払え、クソガキ、と罵った。
怖くて怖くて、気付いたら払っていた。

そのあと、駅前のロータリーでぼうっとしていた。
お金を払ってしまったので、ご飯すら食べられなくなってしまった。
仕方なく、5円チョコを買って舐めた。

親に連絡をして…と思ったが、新居に引っ越したてだったので家の番号がわからなかった。
警察なんかに行ったら、余計親に怒られると思うと怖かった。

ボロボロと涙を溢れさせたら、おじさんが優しい声音で声をかけてくれた。
事情を話すと、おじさんは涙を零しながら話した。
もう今日は東京までいける電車がないこと。
真冬のロータリーで、一晩明かすなんて無茶だということ。
おじさんの家に泊めてあげるし、帰りのお金を貸してあげるということ。

安心して涙が溢れた。
もう私にはおじさんしか縋るものが無かった。

私はおじさんの家に一晩お世話になった。
その代わり、処女を失った。
おじさんはいきなり人格が変わったようだった。されるがままだった。
私の処女が諭吉に化けた。
なんとも言えない虚無感でいっぱいだった。

その後、何もなかったかのようにうちに帰った。

18になった時、おじさんは私の家の近くで、いきなり私の手首を握った。

なんで、あのおじさんがこんなところに。

頭が真っ白になった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
中学生の頃家出し、見知らぬ男の家に泊まったら襲われた

hqdefault

中学校一年生の時に、親と些細な事で喧嘩した。

家を飛び出して、少ない小遣いで行けるところまでいった。
死のうかな、なんて思い、田舎のとある駅で下車。
死ぬ場所求めて藪の中に入った。

当時都会でしか暮らしたことがなく、田舎の寒さや夜の暗さなんて想像してなく、急に心細くなった。
家に帰りたい、親に謝ろうと考えた。

そうしたらお腹が空いて仕方なくなった。
藪から何とか抜け出すと、また駅に戻った。

駅にコンビニすらなかったので、取り敢えず電車に乗り数駅先の大きな駅に出た。
改札を出ようとすると、切符がない。
それを駅員に伝えると、切符を無くしたら東京都内からの金額(2000円くらいだったか?)を支払わないとダメだと言われた。

それを払ってしまったら、もう家に帰れない。

事情を話すも駅員は取り合ってくれなかった。
早く払え、迷惑だ、早く払え、クソガキ、と罵った。
怖くて怖くて、気付いたら払っていた。

そのあと、駅前のロータリーでぼうっとしていた。
お金を払ってしまったので、ご飯すら食べられなくなってしまった。
仕方なく、5円チョコを買って舐めた。

親に連絡をして…と思ったが、新居に引っ越したてだったので家の番号がわからなかった。
警察なんかに行ったら、余計親に怒られると思うと怖かった。

ボロボロと涙を溢れさせたら、おじさんが優しい声音で声をかけてくれた。
事情を話すと、おじさんは涙を零しながら話した。
もう今日は東京までいける電車がないこと。
真冬のロータリーで、一晩明かすなんて無茶だということ。
おじさんの家に泊めてあげるし、帰りのお金を貸してあげるということ。

安心して涙が溢れた。
もう私にはおじさんしか縋るものが無かった。

私はおじさんの家に一晩お世話になった。
その代わり、処女を失った。
おじさんはいきなり人格が変わったようだった。されるがままだった。
私の処女が諭吉に化けた。
なんとも言えない虚無感でいっぱいだった。

その後、何もなかったかのようにうちに帰った。

18になった時、おじさんは私の家の近くで、いきなり私の手首を握った。

なんで、あのおじさんがこんなところに。

頭が真っ白になった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る