uploaded

【※恐怖】私「ストーカーされてるみたい」弟「男の影をチラつかせる作戦だ!」私「なるほど」→数日後。男『弟さんと…仲がいいんだね…』だんだん追い詰められ・・・

img357addb9zik0zj

私は高校卒業してから実家を出て、一人暮らしを始めました。 
これといってしたいことがなかったため進学はせずに就職をしていました。


通勤途中必ず見る人がいたのです。
初めは気にもとめませんでした。
しかし、いつもその人は不快感を感じるほどは近い位置にいました。
あまりの距離感に違和感を感じだしたしばらくした後、私はとあることに気付きました。
私家――その人の降りる場所――職場という位置関係だったのが、
ある時私の職場近くの駅まで乗ってきたのです。

そしてそんなことがしばらく続いた後、その人が職場までついてきました。

そして、次に私の家の近くまで付いてきたので、私はさすがに恐怖感を覚えました。
仲の良かった弟にボディガードを頼みました。
(といっても帰宅の時にたまに迎えにきてもらい、私がご飯を食べさすというものでした)
弟とは年子だったので、男の陰をちらつかせるのが目的でした。


その人は弟との作戦を始めた時は2、3日姿を見なくなりましたが、数日後、姿を見せました。
そして弟がいない時に私に向かって
「弟さんと仲がいいんだね」
とぼそっと呟きました。

これは本当にまずいと思い、母親に相談しました。

母親に相談したところで、母親は被害妄想乙w
くらいでしたし、でも怖くなって警察に相談に行くことにしました。
しかし、これといって被害もないわけでして、警察としても
「思い違いじゃないんですか?被害もないでしょ?」というような対応でした。


弟との関係も調べられてるということは、自宅まで来てないものの、
自宅の住所や、弟の住む実家の住所まで調べていると被害妄想かもしれませんが、
思いが発展してしまい毎日怯える日々でした。

日々住む家に近づいてくるその人のプレッシャーも耐えられないものでした。

とある時期を迎えて、ぷっつりとその男が姿を見せなくなりました。

そしてしばらくしたのち、肌着泥棒や、家のポストに使用後の近藤サンが毎日。
その時には家に帰れず、友達の家に宿泊し、仕事も休みがちになっておりました。


近藤サンなどを見ても、それを持ち込んで警察に行く気力もなかったです。

それらを持ち込んで警察に訴えてくれたのはしばらく泊めてくれた親友でした。
私は情けないですがただただ、泣くしかできなかったです。
そして、その男に対する恐怖感から借家を引き払い、職場を辞め、しかし実家に帰ることもできず、

住み込みでの仕事を始めました。


1ヶ月もたたないうちにその男は私のそばに姿を現しました

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【※恐怖】私「ストーカーされてるみたい」弟「男の影をチラつかせる作戦だ!」私「なるほど」→数日後。男『弟さんと…仲がいいんだね…』だんだん追い詰められ・・・

img357addb9zik0zj

私は高校卒業してから実家を出て、一人暮らしを始めました。 
これといってしたいことがなかったため進学はせずに就職をしていました。


通勤途中必ず見る人がいたのです。
初めは気にもとめませんでした。
しかし、いつもその人は不快感を感じるほどは近い位置にいました。
あまりの距離感に違和感を感じだしたしばらくした後、私はとあることに気付きました。
私家――その人の降りる場所――職場という位置関係だったのが、
ある時私の職場近くの駅まで乗ってきたのです。

そしてそんなことがしばらく続いた後、その人が職場までついてきました。

そして、次に私の家の近くまで付いてきたので、私はさすがに恐怖感を覚えました。
仲の良かった弟にボディガードを頼みました。
(といっても帰宅の時にたまに迎えにきてもらい、私がご飯を食べさすというものでした)
弟とは年子だったので、男の陰をちらつかせるのが目的でした。


その人は弟との作戦を始めた時は2、3日姿を見なくなりましたが、数日後、姿を見せました。
そして弟がいない時に私に向かって
「弟さんと仲がいいんだね」
とぼそっと呟きました。

これは本当にまずいと思い、母親に相談しました。

母親に相談したところで、母親は被害妄想乙w
くらいでしたし、でも怖くなって警察に相談に行くことにしました。
しかし、これといって被害もないわけでして、警察としても
「思い違いじゃないんですか?被害もないでしょ?」というような対応でした。


弟との関係も調べられてるということは、自宅まで来てないものの、
自宅の住所や、弟の住む実家の住所まで調べていると被害妄想かもしれませんが、
思いが発展してしまい毎日怯える日々でした。

日々住む家に近づいてくるその人のプレッシャーも耐えられないものでした。

とある時期を迎えて、ぷっつりとその男が姿を見せなくなりました。

そしてしばらくしたのち、肌着泥棒や、家のポストに使用後の近藤サンが毎日。
その時には家に帰れず、友達の家に宿泊し、仕事も休みがちになっておりました。


近藤サンなどを見ても、それを持ち込んで警察に行く気力もなかったです。

それらを持ち込んで警察に訴えてくれたのはしばらく泊めてくれた親友でした。
私は情けないですがただただ、泣くしかできなかったです。
そして、その男に対する恐怖感から借家を引き払い、職場を辞め、しかし実家に帰ることもできず、

住み込みでの仕事を始めました。


1ヶ月もたたないうちにその男は私のそばに姿を現しました

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る