uploaded

妻の実家で未亡人の義姉にマッサージされて立ってしまった結果・・・

それは四十三歳夏の昼下がりのことだった。

妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が
照りつける中を、義姉の夫の墓参に車を走らせた。
義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、
義姉は一人暮らし、まだ四十五歳の女盛りだ。

家は、山間にぽつんと建つ一軒家で、
隣家とは百メートルは離れていて誰にも
災いされない静かな環境にある。
 

妻は昼食を済ませて買い物に出かけた。
田舎の広い家には義姉と二人だけになって、
私は六畳の居間に寝転がっていたが腰が痛く、
つい「…腰が痛い…」と声を漏らした。
すると近くにいた義姉が 「揉んであげようか…」 
と言ってくれた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
妻の実家で未亡人の義姉にマッサージされて立ってしまった結果・・・

それは四十三歳夏の昼下がりのことだった。

妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が
照りつける中を、義姉の夫の墓参に車を走らせた。
義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、
義姉は一人暮らし、まだ四十五歳の女盛りだ。

家は、山間にぽつんと建つ一軒家で、
隣家とは百メートルは離れていて誰にも
災いされない静かな環境にある。
 

妻は昼食を済ませて買い物に出かけた。
田舎の広い家には義姉と二人だけになって、
私は六畳の居間に寝転がっていたが腰が痛く、
つい「…腰が痛い…」と声を漏らした。
すると近くにいた義姉が 「揉んであげようか…」 
と言ってくれた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る