uploaded

【因果応報】「母親似のお前は要らない子」と祖母にいじめられた。 → 体重が30キロ半ばしかなかった私は栄養失調で倒れてしまい・・・

210593853-origin-1406479291

母の実家が商売してましたがうまくいかず、父方の祖母にも借金して倒産してしまいました。 
そのため母が働きに出て祖母にお金を返すということになったそうです。 

今から考えると倒産して自己破産しているのだから、母が返すという義務もなかったのに 
祖母から返せと強く責められて、そうなったようです。 

その当時私と妹は小学生で、母は看護婦で三交代の勤務が一番収入がいいからと 
大きい病院に勤務しました。夜勤と準夜勤の日は、祖母の家に預けられることになりました。 
それから私に楽しい日が一日も無くなりました。

私は母方によく似た容姿で妹は父そっくり。
父は祖母似でしたので、祖母は自分によく似た妹をべたべたに可愛がり、
私をいらないものとして扱い始めました。

最初は私だけおやつなしぐらいでしたが、だんだん私だけご飯はコッペパンのみとか
みんなが食べたおかずの食べ残しを、おひつに付いたご飯を洗って集めたごはんと
一緒に食べさせられるようになりました。

その当時すでに祖父は亡くなっており
父も一人息子。その父も祖母に従う人で、私が一緒に食卓について無くても
なんら反応もしてくれませんでした。


母にはなんども訴えたのですが、母も祖母に反抗できないのか
こっそりお金を渡されて、買い食いするように指示されるだけ。

祖母に可愛がられる妹はだんだん態度が大きくなり、姉の私を邪魔だからと蹴り倒したり
母に同じように買ってもらったものを、自分は無くしたからと勝手に持って行ったり
傍若無人にふるまうようになりました。

妹は私が学校帰りに食べ物を買うのを学校に知らせて、
私が担任に叱られ家に電話を入れられ、祖母が私から母からもらったお金を
借金の一部だと取り上げるのを、ゲラゲラ笑っているような子になっていました。


そんな日が続いて当時の私は中学生になっても、30kg半ばしかありませんでした。
その当時中学の制服は市販でなく、仕立て屋で仕立てるのが普通でした。
母が仕立て屋に連れて行ってくれ、制服を作ったのですが、
出来上がりの知らせは祖母が受け取ったので、祖母が妹を連れて受け取りに行き、
妹のサイズに直されてしまいました。
妹とは年子だったので来年の妹用にするためです。
 
結局私は、近所の人のお下がりを母がお願いして貰い受けてくれました。
でも30kg半ばしかなかった私には、もう半分体がはいるような大きなもので
それはみっともない制服姿で妹と祖母に指を指されて、大笑いされました。


中学はお弁当でしたが、母が昼勤の日は作ってくれましたが、妹に取り上げられ
居ない日は購買でパンを買うようにお金を渡されたのですが、妹から取り上げられて
昼は無しになってしまうので、家にある乾物を水につけ自分で煮てお弁当を作ってました。

よく妹にひっくり返されて捨てられたりもしましたが。
なぜ妹にやり返えさないかと言うと、針小棒大に話を作れて祖母に伝わり
もっとひどい目に会うからです。


中学二年のある日学校で倒れました。栄養失調でした。
母が飛んできて、栄養失調であることを医師に告げられると、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【因果応報】「母親似のお前は要らない子」と祖母にいじめられた。 → 体重が30キロ半ばしかなかった私は栄養失調で倒れてしまい・・・

210593853-origin-1406479291

母の実家が商売してましたがうまくいかず、父方の祖母にも借金して倒産してしまいました。 
そのため母が働きに出て祖母にお金を返すということになったそうです。 

今から考えると倒産して自己破産しているのだから、母が返すという義務もなかったのに 
祖母から返せと強く責められて、そうなったようです。 

その当時私と妹は小学生で、母は看護婦で三交代の勤務が一番収入がいいからと 
大きい病院に勤務しました。夜勤と準夜勤の日は、祖母の家に預けられることになりました。 
それから私に楽しい日が一日も無くなりました。

私は母方によく似た容姿で妹は父そっくり。
父は祖母似でしたので、祖母は自分によく似た妹をべたべたに可愛がり、
私をいらないものとして扱い始めました。

最初は私だけおやつなしぐらいでしたが、だんだん私だけご飯はコッペパンのみとか
みんなが食べたおかずの食べ残しを、おひつに付いたご飯を洗って集めたごはんと
一緒に食べさせられるようになりました。

その当時すでに祖父は亡くなっており
父も一人息子。その父も祖母に従う人で、私が一緒に食卓について無くても
なんら反応もしてくれませんでした。


母にはなんども訴えたのですが、母も祖母に反抗できないのか
こっそりお金を渡されて、買い食いするように指示されるだけ。

祖母に可愛がられる妹はだんだん態度が大きくなり、姉の私を邪魔だからと蹴り倒したり
母に同じように買ってもらったものを、自分は無くしたからと勝手に持って行ったり
傍若無人にふるまうようになりました。

妹は私が学校帰りに食べ物を買うのを学校に知らせて、
私が担任に叱られ家に電話を入れられ、祖母が私から母からもらったお金を
借金の一部だと取り上げるのを、ゲラゲラ笑っているような子になっていました。


そんな日が続いて当時の私は中学生になっても、30kg半ばしかありませんでした。
その当時中学の制服は市販でなく、仕立て屋で仕立てるのが普通でした。
母が仕立て屋に連れて行ってくれ、制服を作ったのですが、
出来上がりの知らせは祖母が受け取ったので、祖母が妹を連れて受け取りに行き、
妹のサイズに直されてしまいました。
妹とは年子だったので来年の妹用にするためです。
 
結局私は、近所の人のお下がりを母がお願いして貰い受けてくれました。
でも30kg半ばしかなかった私には、もう半分体がはいるような大きなもので
それはみっともない制服姿で妹と祖母に指を指されて、大笑いされました。


中学はお弁当でしたが、母が昼勤の日は作ってくれましたが、妹に取り上げられ
居ない日は購買でパンを買うようにお金を渡されたのですが、妹から取り上げられて
昼は無しになってしまうので、家にある乾物を水につけ自分で煮てお弁当を作ってました。

よく妹にひっくり返されて捨てられたりもしましたが。
なぜ妹にやり返えさないかと言うと、針小棒大に話を作れて祖母に伝わり
もっとひどい目に会うからです。


中学二年のある日学校で倒れました。栄養失調でした。
母が飛んできて、栄養失調であることを医師に告げられると、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る