uploaded

家を修繕に来た旦那の友達にハ○撮り写真や玩具を見られてしまった結果・・・

(由佳・40歳)は夫(雅紀・43歳)と
娘(小学2年生・8歳)と暮らす幸せな主婦でした。

夜の営みも週に一度は求められ私は満足していました。
ただ、最近は主人がおもちゃを使ったり
私の○毛を剃り落とした恥ずかしい写真を
撮ったりするうちに私の身体も慣らされ
責められることを求めるようになったのです

ただ、主人以外の男性を知らない私は
浮気や不倫など考えてもいませんでした。
以前は賃貸のマンションに暮らしていましたが
主人の友人の工務店に施工していただき
新築の家に引越しして間もない頃でした。
私の不注意で寝室のクローゼットの扉に
傷を付けてしまい取替工事をお願いしていました。

工事は社長の市川さんが取替に来てくれ
寝室に案内すると
『工事は1時間ぐらいで終ります。
ただ、中の荷物が邪魔になるので移動させます』
と説明されました。

クローゼットの中にはバ○ブや私のHな写真
が入った箱が隠してあるはず・・・
市川さんに見つからないことを祈って洗濯の
続きやお茶の用意をしていました。

工事も終わりリビングでお茶を飲んで
いただいている時です。
「・・・ところで・・・由佳さん。
荷物を移動させていると箱の一つが落ちて
フタが開きましてね。
戻しておきましたから・・・」
「・・・ありがとうございます・・・」
「アレは由佳さんがお使いなんですか?
それとも雅紀が由佳さんに使うのかな?」
「・・・・・・・・・・」

私は黙って俯いていました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
家を修繕に来た旦那の友達にハ○撮り写真や玩具を見られてしまった結果・・・

(由佳・40歳)は夫(雅紀・43歳)と
娘(小学2年生・8歳)と暮らす幸せな主婦でした。

夜の営みも週に一度は求められ私は満足していました。
ただ、最近は主人がおもちゃを使ったり
私の○毛を剃り落とした恥ずかしい写真を
撮ったりするうちに私の身体も慣らされ
責められることを求めるようになったのです

ただ、主人以外の男性を知らない私は
浮気や不倫など考えてもいませんでした。
以前は賃貸のマンションに暮らしていましたが
主人の友人の工務店に施工していただき
新築の家に引越しして間もない頃でした。
私の不注意で寝室のクローゼットの扉に
傷を付けてしまい取替工事をお願いしていました。

工事は社長の市川さんが取替に来てくれ
寝室に案内すると
『工事は1時間ぐらいで終ります。
ただ、中の荷物が邪魔になるので移動させます』
と説明されました。

クローゼットの中にはバ○ブや私のHな写真
が入った箱が隠してあるはず・・・
市川さんに見つからないことを祈って洗濯の
続きやお茶の用意をしていました。

工事も終わりリビングでお茶を飲んで
いただいている時です。
「・・・ところで・・・由佳さん。
荷物を移動させていると箱の一つが落ちて
フタが開きましてね。
戻しておきましたから・・・」
「・・・ありがとうございます・・・」
「アレは由佳さんがお使いなんですか?
それとも雅紀が由佳さんに使うのかな?」
「・・・・・・・・・・」

私は黙って俯いていました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る