uploaded

【画像あり】高校の時、突然ヤンキーにボコボコにされた。→頭にきた俺は喧嘩映画を見て修行を決行!→すると修行中に見知らぬオッサンに話しかけられ…

crowsexplode01-400x266

俺が高2の頃

いつものよう帰り支度をして足早に帰ろうとしたら
「おい」
最初俺にかけた言葉とは気付かずにスルーした。しかし、
「シカトか?」
って言われて後ろからケり飛ばされた。

慌てる俺
俺なんかしたっけ?って思ってたら顎のあたりをなぐられた。
ちょっと外れてクリーンヒットしなかったのに頭がクラクラして尻もちをついた。しばらくグワングワンして立てなかった。

俺をなぐったのはAとしよう。
コイツはスネ夫みたいな奴で
ヤンキーグループのパシリみたいな奴だった。
ヤンキー達には媚びへつらったり、肩パン食らってもヘラヘラしてるのに、
他の男子や女子に対しては異常なまでに強気だった

「喧嘩しようぜwww」
は?せめて手出す前に言えや
俺がヨロヨロ立ち上がろうとしたらサッカーボールキックされた。
何発も。
俺は頭を守ってうずくまるしかなかった。

俺はしばらく学校を休んだ。
その間中ずっと奴の事を考えていた。
おそらく俺を選んだのは一番小柄でオタクで弱そうだったからだろう。
俺は泣いた。これほどまでに理不尽なことがあるだろうか。

そして、復讐を決意した。
休んでいる間はネットで漁りまくって喧嘩や格闘技の情報を手に入れようとした。
ゲオでブルースリーの映画や、ドロップなどの喧嘩映画を借りて、戦闘シーンだけ何回もみて、自分なりにノートにまとめたりした。

そしてある結論を出した。
カンフーは強い。

でも短期間でカンフーの全てを習得するのは無理なので、一つだけの技を磨くことにした。

飛び足刀ケりだ。

飛びケりは威力が高いらしいし、何よりカッコいい。

久しぶりに学校に来るとAが擦り寄ってきた。
「よぉ?チビ。俺のケり痛かった?www」
俺は怒りにみちたが、皮肉を込めて
「あぁ、試験で0点取るぐらい痛かったさw」
って言ってやった。
Aは意味が分からなかったのかゲラゲラ笑って去って行った。
アホが

この頃からAは次第にヤンキーグループの奴らにもちょっと強気
になっていた。
肩パンされたらニヤニヤして
「やめてくれよw」
って言うようになったり、
ちょっとした意見を言ってみたり、

俺はそうしている間にも飛びケりの習得に力を入れた

ある休日、午前中に練習をしていると、おっさんが話しかけてきた。

小太りの眼鏡のおっさんだった。
「君は凄いね!空手家かなんか?」

俺はあまりの節穴に呆れた。

そして、キレのあるケりを木に見舞った。

おっさんは拍手した。
俺は気分が良くなり、何発も見舞った。

土曜日になる度におっさんは俺を見にやってくる。
いつの間にか仲良くなり、こうなった経緯を話した。
するとおっさんは怒り狂い、
「なんて奴だそいつは!必ず倒してくれよ!」
俺は約束した。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【画像あり】高校の時、突然ヤンキーにボコボコにされた。→頭にきた俺は喧嘩映画を見て修行を決行!→すると修行中に見知らぬオッサンに話しかけられ…

crowsexplode01-400x266

俺が高2の頃

いつものよう帰り支度をして足早に帰ろうとしたら
「おい」
最初俺にかけた言葉とは気付かずにスルーした。しかし、
「シカトか?」
って言われて後ろからケり飛ばされた。

慌てる俺
俺なんかしたっけ?って思ってたら顎のあたりをなぐられた。
ちょっと外れてクリーンヒットしなかったのに頭がクラクラして尻もちをついた。しばらくグワングワンして立てなかった。

俺をなぐったのはAとしよう。
コイツはスネ夫みたいな奴で
ヤンキーグループのパシリみたいな奴だった。
ヤンキー達には媚びへつらったり、肩パン食らってもヘラヘラしてるのに、
他の男子や女子に対しては異常なまでに強気だった

「喧嘩しようぜwww」
は?せめて手出す前に言えや
俺がヨロヨロ立ち上がろうとしたらサッカーボールキックされた。
何発も。
俺は頭を守ってうずくまるしかなかった。

俺はしばらく学校を休んだ。
その間中ずっと奴の事を考えていた。
おそらく俺を選んだのは一番小柄でオタクで弱そうだったからだろう。
俺は泣いた。これほどまでに理不尽なことがあるだろうか。

そして、復讐を決意した。
休んでいる間はネットで漁りまくって喧嘩や格闘技の情報を手に入れようとした。
ゲオでブルースリーの映画や、ドロップなどの喧嘩映画を借りて、戦闘シーンだけ何回もみて、自分なりにノートにまとめたりした。

そしてある結論を出した。
カンフーは強い。

でも短期間でカンフーの全てを習得するのは無理なので、一つだけの技を磨くことにした。

飛び足刀ケりだ。

飛びケりは威力が高いらしいし、何よりカッコいい。

久しぶりに学校に来るとAが擦り寄ってきた。
「よぉ?チビ。俺のケり痛かった?www」
俺は怒りにみちたが、皮肉を込めて
「あぁ、試験で0点取るぐらい痛かったさw」
って言ってやった。
Aは意味が分からなかったのかゲラゲラ笑って去って行った。
アホが

この頃からAは次第にヤンキーグループの奴らにもちょっと強気
になっていた。
肩パンされたらニヤニヤして
「やめてくれよw」
って言うようになったり、
ちょっとした意見を言ってみたり、

俺はそうしている間にも飛びケりの習得に力を入れた

ある休日、午前中に練習をしていると、おっさんが話しかけてきた。

小太りの眼鏡のおっさんだった。
「君は凄いね!空手家かなんか?」

俺はあまりの節穴に呆れた。

そして、キレのあるケりを木に見舞った。

おっさんは拍手した。
俺は気分が良くなり、何発も見舞った。

土曜日になる度におっさんは俺を見にやってくる。
いつの間にか仲良くなり、こうなった経緯を話した。
するとおっさんは怒り狂い、
「なんて奴だそいつは!必ず倒してくれよ!」
俺は約束した。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る