uploaded

死亡事故を目撃したショックで喋れなくなった妹(8)が、ひき逃げ犯の顔を見ていた。犯人はなんと…!

事故繋がりで小学校4年生の時の体験。
2つ年下の妹と一緒にお菓子を買いに行った帰りに
少し先に見えてきた信号のない横断歩道で
近所に住んでるおばあちゃんがこちら側に渡ってくるのが見えた。
そしてそのおばあちゃんを原付が撥ねたのが見えた。
ビックリして走って行ったら、原付はひき逃げでもう見えなかった。
おばあちゃんはヒクヒクしてて、でもどうしていいかわからなくて
大声で「おばあちゃんが撥ねられましたーーーーーーー!!」と繰り返した。
そしたら近くの家の人が飛び出してきて救急車を呼んでくれて
警察も来て色々聞かれたけど、↑に書いたようなことしか答えられなかった。
妹は泣いて泣いて話が出来ない状態。
おばあちゃんは打ち所が悪かったのかショック性のものか分からないけど
運ばれた病院で亡くなった。
撥ねた原付はそのまま逃走していたらしい。

私自身、事故の瞬間が目に焼き付いてまだショックを引きずっていたけど
妹はもっとショックだったみたいで一言も口を利かずごはんも喉を通らない状態。
両親も心配してたけど、当時はPTSDなんて言葉もなかった時代だったし
精神科には大きな偏見もあった時代だったから病院に連れて行くという選択肢もなかった。
ところが夜中に妹が手が付けられないぐらいワンワン泣き出して
みんなオロオロしていたら、突然衝撃的なことを言いだした。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
死亡事故を目撃したショックで喋れなくなった妹(8)が、ひき逃げ犯の顔を見ていた。犯人はなんと…!

事故繋がりで小学校4年生の時の体験。
2つ年下の妹と一緒にお菓子を買いに行った帰りに
少し先に見えてきた信号のない横断歩道で
近所に住んでるおばあちゃんがこちら側に渡ってくるのが見えた。
そしてそのおばあちゃんを原付が撥ねたのが見えた。
ビックリして走って行ったら、原付はひき逃げでもう見えなかった。
おばあちゃんはヒクヒクしてて、でもどうしていいかわからなくて
大声で「おばあちゃんが撥ねられましたーーーーーーー!!」と繰り返した。
そしたら近くの家の人が飛び出してきて救急車を呼んでくれて
警察も来て色々聞かれたけど、↑に書いたようなことしか答えられなかった。
妹は泣いて泣いて話が出来ない状態。
おばあちゃんは打ち所が悪かったのかショック性のものか分からないけど
運ばれた病院で亡くなった。
撥ねた原付はそのまま逃走していたらしい。

私自身、事故の瞬間が目に焼き付いてまだショックを引きずっていたけど
妹はもっとショックだったみたいで一言も口を利かずごはんも喉を通らない状態。
両親も心配してたけど、当時はPTSDなんて言葉もなかった時代だったし
精神科には大きな偏見もあった時代だったから病院に連れて行くという選択肢もなかった。
ところが夜中に妹が手が付けられないぐらいワンワン泣き出して
みんなオロオロしていたら、突然衝撃的なことを言いだした。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る