uploaded

父が借金を残し逃亡。 893『数名でお宅に凸る』 母「申し訳ないので私が伺います」 893の事務所に乗り込んだら、なんと…

が小学校高学年の頃、
父が9桁の借金を作った。

いろんな人に借りまくって、
膨れ上がったみたい。

学校から帰ってきたら、普段パートに
出ている母がマンションの前に立っていて、
どうしたのかと尋ねると
「もうこの家に住まれへん」
と泣き出したのが第一の修羅場。

私は幼すぎたので
あまりちゃんと話されなかったのだけど、
母は父と一緒に再建しようと、
何件かの連帯保証人になってしまった。

脅されてならされたのもあったと思う。

数日後から父は逃亡。

私たちに残されたのは
いくつかの連帯保証人になってしまった借金


我が家には毎日嫌がらせのようなFAXと
怒鳴り声の留守電が入っていた
(当時まだ携帯なんかなかった)

父からの連絡が入る可能性もあったため、
FAXと留守電はオフには出来なかった。

年齢的に私が一番最初に家に帰るので、
それを目の当たりにしたり、
電話がかかってきたら
応対しなきゃならなかったのが
第二の修羅場。

母は必死で働いてたし、高校生の姉も
援助してすこしずつでも借金を返そうと
していたけど、何せ件数が多かったので、
全然まともに返せない。


ある日、
一番借金の額が大きい人
(確か2000万ぐらい)が
黒服の方々を連れてきた。

多分本物の893さんだと思う。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
父が借金を残し逃亡。 893『数名でお宅に凸る』 母「申し訳ないので私が伺います」 893の事務所に乗り込んだら、なんと…

が小学校高学年の頃、
父が9桁の借金を作った。

いろんな人に借りまくって、
膨れ上がったみたい。

学校から帰ってきたら、普段パートに
出ている母がマンションの前に立っていて、
どうしたのかと尋ねると
「もうこの家に住まれへん」
と泣き出したのが第一の修羅場。

私は幼すぎたので
あまりちゃんと話されなかったのだけど、
母は父と一緒に再建しようと、
何件かの連帯保証人になってしまった。

脅されてならされたのもあったと思う。

数日後から父は逃亡。

私たちに残されたのは
いくつかの連帯保証人になってしまった借金


我が家には毎日嫌がらせのようなFAXと
怒鳴り声の留守電が入っていた
(当時まだ携帯なんかなかった)

父からの連絡が入る可能性もあったため、
FAXと留守電はオフには出来なかった。

年齢的に私が一番最初に家に帰るので、
それを目の当たりにしたり、
電話がかかってきたら
応対しなきゃならなかったのが
第二の修羅場。

母は必死で働いてたし、高校生の姉も
援助してすこしずつでも借金を返そうと
していたけど、何せ件数が多かったので、
全然まともに返せない。


ある日、
一番借金の額が大きい人
(確か2000万ぐらい)が
黒服の方々を連れてきた。

多分本物の893さんだと思う。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る