uploaded

俺タクシー運転手、深夜に人妻を乗せた結果

クシーの運転手をして10年余り。
もともとは好きで始めたわけではなくて、
田舎で仕事がないので、都会で働こうと思い
見つけたのがタクシー運転手でした。

3年ほどたった頃でした。

平日で売り上げも少なく、お客を下した後、
都心のほうへゆっくり向かっている
ときでした。

手を挙げる女性がいました。
夜の11時ごろでした。
車を止めると私と同年代の女性でした。
行き先を尋ねると、街のほうへというので
車を走らせました。

街に近づいたので、どのあたりかと尋ねると
返事がすぐには返ってきませんでした。
もう一度訪ねると、その女性はやっと話し
始めたのです。
実は、旦那と喧嘩して家を飛び出してきた
というのです。
走りながらだとメーターも上がるので、
事情が事情なので、コンビニの駐車場に
車を止めて、話を聞きました。

財布も持たずに飛び出したというのです。

話を聞いてからどこに向かいますか
と聞いても、返事がありませんでした。
行く当てがないというのです。
そのまま降りてもらうわけにもいかず、
私も困ってしまいました。
泊めてくれる友人はいないかと聞くと、
友人は家庭持ちなのでこんな時間には
連絡できないと言いました。

困りましたねと、後ろの席を振り向くと、
なんと上玉の奥さんでした。
私には絶対手の届かない女性です。
顔も美人の部類で、色白でいいスタイル
でした。
私はだめもとで、一人アパートに住んで
いるけど、家でいいなら泊めてもいいけど、
と話すと、なんと「お願いします」
といったのです。耳を疑いました。

それで、アパートに向かいました。
部屋に案内し、一通り説明してから、
私は仕事があるので外に出ました。
その日は少し早めの朝の5時過ぎに
自宅に戻りました。
奥さんは2DKのベッドの無い方の部屋で
寝ていました。

シャワーを浴びて浴室から出ると
奥さんは目が覚めていて、
お帰りなさいと言ってくれました。
奥さんは起き上がり、お茶でも入れましょう
かと言ってくれました。
私はカップヌードルを食べるので
それなら、お湯を沸かしてと頼みました。
いつもと違う雰囲気に、自分の家なのに
私は緊張していました。

お湯が沸いたのでラーメンを食べました。
食べたら寝るので、そのまま好きな時間に
帰ってくださいと告げ、寝室のドアを
閉めてベッドに横になりました。
でも、寝れるわけありませんでした。
根っから風俗は嫌いなので、
離婚してから5年近く女性の体に
触れていませんでしたので、
隣の部屋に女性がいるというだけでアレは
固く大きくなってきていました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
俺タクシー運転手、深夜に人妻を乗せた結果

クシーの運転手をして10年余り。
もともとは好きで始めたわけではなくて、
田舎で仕事がないので、都会で働こうと思い
見つけたのがタクシー運転手でした。

3年ほどたった頃でした。

平日で売り上げも少なく、お客を下した後、
都心のほうへゆっくり向かっている
ときでした。

手を挙げる女性がいました。
夜の11時ごろでした。
車を止めると私と同年代の女性でした。
行き先を尋ねると、街のほうへというので
車を走らせました。

街に近づいたので、どのあたりかと尋ねると
返事がすぐには返ってきませんでした。
もう一度訪ねると、その女性はやっと話し
始めたのです。
実は、旦那と喧嘩して家を飛び出してきた
というのです。
走りながらだとメーターも上がるので、
事情が事情なので、コンビニの駐車場に
車を止めて、話を聞きました。

財布も持たずに飛び出したというのです。

話を聞いてからどこに向かいますか
と聞いても、返事がありませんでした。
行く当てがないというのです。
そのまま降りてもらうわけにもいかず、
私も困ってしまいました。
泊めてくれる友人はいないかと聞くと、
友人は家庭持ちなのでこんな時間には
連絡できないと言いました。

困りましたねと、後ろの席を振り向くと、
なんと上玉の奥さんでした。
私には絶対手の届かない女性です。
顔も美人の部類で、色白でいいスタイル
でした。
私はだめもとで、一人アパートに住んで
いるけど、家でいいなら泊めてもいいけど、
と話すと、なんと「お願いします」
といったのです。耳を疑いました。

それで、アパートに向かいました。
部屋に案内し、一通り説明してから、
私は仕事があるので外に出ました。
その日は少し早めの朝の5時過ぎに
自宅に戻りました。
奥さんは2DKのベッドの無い方の部屋で
寝ていました。

シャワーを浴びて浴室から出ると
奥さんは目が覚めていて、
お帰りなさいと言ってくれました。
奥さんは起き上がり、お茶でも入れましょう
かと言ってくれました。
私はカップヌードルを食べるので
それなら、お湯を沸かしてと頼みました。
いつもと違う雰囲気に、自分の家なのに
私は緊張していました。

お湯が沸いたのでラーメンを食べました。
食べたら寝るので、そのまま好きな時間に
帰ってくださいと告げ、寝室のドアを
閉めてベッドに横になりました。
でも、寝れるわけありませんでした。
根っから風俗は嫌いなので、
離婚してから5年近く女性の体に
触れていませんでしたので、
隣の部屋に女性がいるというだけでアレは
固く大きくなってきていました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る