uploaded

昔、ヤクザ絡みの金銭トラブルのまきこまれた。実は友人B子がそのヤクザの姪っこで・・

の友人に一人だけ、霊感があると言う奴がいる。
仮にAとするが、そいつは
「どうせ信じないだろ」っていって、
俺以外の奴には霊感うんぬんの話は一切しなかった。
付き合いは長いものの、俺が知ったのは
一年ほど前の事で、893絡みの金銭トラブルに
巻き込まれた時の事を、ふとこいつなら
いいか…と打ち明けた時に、
「皆色々抱え込んでるんだなって」ボソっと
漏らした程度だった。

ある日の夜、同級生の女(B子)から
カラオケのお誘いを受けて、
むこうはバイト先の友達(C子)も連れてくる
ってんで、俺はAを誘った。
4人で二時間ほどカラオケした帰りの車の中で、
C子が私には小さい頃から霊感あって云々…
の話を突然し出したもんだから、俺は焦ってAを見たが、
助手席で「へー」とか「そっかぁ」って相づち打つ程度で、
目立ったアクションは無かった。

女の子を送った帰り、Aが
「ドンキホーテに行きたい」
と言い出したので、二人で向かった。
普段Aはオシャレやファッションとは
無縁の人間なんだが、
「帽子が欲しい」と言い出したので、
俺は『おっ、色気付いたか!
もしやさっきの女のどっちかを気に入って!?』
と思い、あれやこれやと提案したが、
「お前のセンスで決めてくれ」と言うので、
俺のオゴリだとキャップを買ってやった。

Aは買ったそばからその帽子を目深にかぶり、終始無言…。
帰りの車の中で、俺は帽子も含めて
気になって仕方なかったので、
「なぁさっきのC子ちゃんて…」というと、
「ねぇよ」と即座に食い気味に返された。
さらにまた押し殺したような声で、
「気持ち悪りぃ…クズマ○コが」と吐き捨てたので、
「なんか嫌な事でも言われたんか!?」
と俺は焦って聞くが、
Aは「……あんな汚いもん久々に見たわ。
お前に帽子まで買ってもらう始末になるし」
と、意味不な事ばかり喋り続けた。
とりあえず普通じゃない気配に、
俺はもうこの話題には触れず、Aを送って
その日は帰った。

しばらくお互い忙しかったのもあって、
Aとは会ってなかったんだが、
俺が寝てる時に携帯が鳴ったので
寝ぼけて電話に出ると、
いつぞやの893だった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
昔、ヤクザ絡みの金銭トラブルのまきこまれた。実は友人B子がそのヤクザの姪っこで・・

の友人に一人だけ、霊感があると言う奴がいる。
仮にAとするが、そいつは
「どうせ信じないだろ」っていって、
俺以外の奴には霊感うんぬんの話は一切しなかった。
付き合いは長いものの、俺が知ったのは
一年ほど前の事で、893絡みの金銭トラブルに
巻き込まれた時の事を、ふとこいつなら
いいか…と打ち明けた時に、
「皆色々抱え込んでるんだなって」ボソっと
漏らした程度だった。

ある日の夜、同級生の女(B子)から
カラオケのお誘いを受けて、
むこうはバイト先の友達(C子)も連れてくる
ってんで、俺はAを誘った。
4人で二時間ほどカラオケした帰りの車の中で、
C子が私には小さい頃から霊感あって云々…
の話を突然し出したもんだから、俺は焦ってAを見たが、
助手席で「へー」とか「そっかぁ」って相づち打つ程度で、
目立ったアクションは無かった。

女の子を送った帰り、Aが
「ドンキホーテに行きたい」
と言い出したので、二人で向かった。
普段Aはオシャレやファッションとは
無縁の人間なんだが、
「帽子が欲しい」と言い出したので、
俺は『おっ、色気付いたか!
もしやさっきの女のどっちかを気に入って!?』
と思い、あれやこれやと提案したが、
「お前のセンスで決めてくれ」と言うので、
俺のオゴリだとキャップを買ってやった。

Aは買ったそばからその帽子を目深にかぶり、終始無言…。
帰りの車の中で、俺は帽子も含めて
気になって仕方なかったので、
「なぁさっきのC子ちゃんて…」というと、
「ねぇよ」と即座に食い気味に返された。
さらにまた押し殺したような声で、
「気持ち悪りぃ…クズマ○コが」と吐き捨てたので、
「なんか嫌な事でも言われたんか!?」
と俺は焦って聞くが、
Aは「……あんな汚いもん久々に見たわ。
お前に帽子まで買ってもらう始末になるし」
と、意味不な事ばかり喋り続けた。
とりあえず普通じゃない気配に、
俺はもうこの話題には触れず、Aを送って
その日は帰った。

しばらくお互い忙しかったのもあって、
Aとは会ってなかったんだが、
俺が寝てる時に携帯が鳴ったので
寝ぼけて電話に出ると、
いつぞやの893だった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る