uploaded

【唖然】満員電車で背中におっぱいを当て続けてくる女→調子に乗って感触を味わってた結果・・・

15年前。20時過ぎ。ビールの匂いも充満する準急列車内

吊革も空いてなく、俺は両手を降ろし、おしくら饅頭の中で“気を付け”の状態だった
気が付くと俺の左腕と背中に、後ろからオッパイらしき感触

振り向く勇気がなく確認はできなかったが、女性の右胸が押し付けられてるようだった
俺が左脇を少し開くと、その胸がちょうど挟まるように入ってきた

こうなると、女性は大抵ガードするか、向きを変えるだろうと思っていたが、彼女(の胸)は動く気配がなかった。

ここで俺のスケベ心が脳みそをフル回転させ、ある計画を思いついた

まずは自分の立ち位置を左にずらし、彼女の両胸の感触を背中で味わいたい
俺の心「ばれないように、電車の揺れに合わせて、自然に、自然に…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【唖然】満員電車で背中におっぱいを当て続けてくる女→調子に乗って感触を味わってた結果・・・

15年前。20時過ぎ。ビールの匂いも充満する準急列車内

吊革も空いてなく、俺は両手を降ろし、おしくら饅頭の中で“気を付け”の状態だった
気が付くと俺の左腕と背中に、後ろからオッパイらしき感触

振り向く勇気がなく確認はできなかったが、女性の右胸が押し付けられてるようだった
俺が左脇を少し開くと、その胸がちょうど挟まるように入ってきた

こうなると、女性は大抵ガードするか、向きを変えるだろうと思っていたが、彼女(の胸)は動く気配がなかった。

ここで俺のスケベ心が脳みそをフル回転させ、ある計画を思いついた

まずは自分の立ち位置を左にずらし、彼女の両胸の感触を背中で味わいたい
俺の心「ばれないように、電車の揺れに合わせて、自然に、自然に…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る