uploaded

浮気相手のキャバ嬢が逆上しちゃって!ファミレスが大修羅場になった話!!

new_194

 

私は20歳の頃から、居酒屋で働いていました。


ある日、ふらりとそこのお客さんとして、主人が来たのが出会いでした。

いつしか、その日から主人は常連さんになっていて、
私と主人は毎週のように、顔を合わせていました。

主人は15歳年上でしたが、建築関係の仕事をしていて、男気のある主人に私は惹かれて行きました。

主人がお店に通うようになり、1ヶ月で私たちは付き合うことに・・・。


そして私21歳、主人35歳の時に妊娠が発覚し、そのまま結婚したのでした。

その後私23歳の時、第二子を授かり裕福ではありませんでしたが、
家族4人、仲良く頑張っているつもりでした。

そんなある日、家の電話のベルが鳴ったのです。

私は、そのとき手が離せず長女に電話をとってもらいました。

いま思い返しても、なぜ自分で電話をとらなかったのか・・・。
罪悪感でいっぱいです。

少しして、涙目の娘が私のところに来たのです。

私はビックリして誰だったの?どうしたの?と娘に聞くと
「怖いお姉さんからの電話で、お父さんが浮気してるって。

すごく怒ってて・・・。
バン!と切られて・・・怖かった・・・。」
とボロボロ泣きだしたのです。

私はわけが分からなくて、娘を慰めるので必死でした。


娘になんて言えば良いか分からなくて、パニックになっていました。

娘はパパが大好きだったので、その時は「怖い思いさせてごめんね。

変な人が言っていることだから。嘘だからね。パパはそんなことしないでしょ?」と言い聞かせました。

その後に、また連絡がきて今度は私が電話に出ました。


相手は娘が言っていたように、カナリ気が立っているようでした。

内容は「お宅のご主人と恋人関係にある。話がしたい。」というものでした。

私はそこまで聞き、主人に


「そういった電話がきた。ファミレスで待ち合わせしているから来い。」
と連絡し、子供たちは母に預かってもらいました。

待ち合わせ場所に行く途中で、主人が合流。

主人は何やら弁解していましたが、私は冷静でした。
「話は後で聞くから黙ってて。」

一言そう言い、

ファミレスに向かったのです。

その後・・・・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
浮気相手のキャバ嬢が逆上しちゃって!ファミレスが大修羅場になった話!!

new_194

 

私は20歳の頃から、居酒屋で働いていました。


ある日、ふらりとそこのお客さんとして、主人が来たのが出会いでした。

いつしか、その日から主人は常連さんになっていて、
私と主人は毎週のように、顔を合わせていました。

主人は15歳年上でしたが、建築関係の仕事をしていて、男気のある主人に私は惹かれて行きました。

主人がお店に通うようになり、1ヶ月で私たちは付き合うことに・・・。


そして私21歳、主人35歳の時に妊娠が発覚し、そのまま結婚したのでした。

その後私23歳の時、第二子を授かり裕福ではありませんでしたが、
家族4人、仲良く頑張っているつもりでした。

そんなある日、家の電話のベルが鳴ったのです。

私は、そのとき手が離せず長女に電話をとってもらいました。

いま思い返しても、なぜ自分で電話をとらなかったのか・・・。
罪悪感でいっぱいです。

少しして、涙目の娘が私のところに来たのです。

私はビックリして誰だったの?どうしたの?と娘に聞くと
「怖いお姉さんからの電話で、お父さんが浮気してるって。

すごく怒ってて・・・。
バン!と切られて・・・怖かった・・・。」
とボロボロ泣きだしたのです。

私はわけが分からなくて、娘を慰めるので必死でした。


娘になんて言えば良いか分からなくて、パニックになっていました。

娘はパパが大好きだったので、その時は「怖い思いさせてごめんね。

変な人が言っていることだから。嘘だからね。パパはそんなことしないでしょ?」と言い聞かせました。

その後に、また連絡がきて今度は私が電話に出ました。


相手は娘が言っていたように、カナリ気が立っているようでした。

内容は「お宅のご主人と恋人関係にある。話がしたい。」というものでした。

私はそこまで聞き、主人に


「そういった電話がきた。ファミレスで待ち合わせしているから来い。」
と連絡し、子供たちは母に預かってもらいました。

待ち合わせ場所に行く途中で、主人が合流。

主人は何やら弁解していましたが、私は冷静でした。
「話は後で聞くから黙ってて。」

一言そう言い、

ファミレスに向かったのです。

その後・・・・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る