uploaded

【驚愕】女ですが、プロレスに入団した弟に技をかけられて意識を失って失禁→目覚めると・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性の弟はプロレスラーの入団テストに合格する。お祝いに部屋に遊びにいった彼女はどんなテストなのかと技を弟にかけてもらう。そして途中ですこし強い技をかけられて意識を失い失禁してしまう。目覚めると弟が信じられないことをしていた・・・。

わたしの弟はレスリング部に所属していて、将来はプロレスラーになる、と昔から言っていました。

「姉ちゃん、俺、プロレスラーの入団テストに受かったよ」と、ある日、弟が電話で報告してきました。

わたしは「良かったじゃん。お祝いしようか」と言いました。

さっそく、今夜、弟の入団テスト祝いをすることになりました。

弟は学校に通うため、ひとり暮らしをしています。

「俺の部屋で飲もうよ」

と、弟の提案通り、約束をしました。

約束の日、弟の部屋へ行きました。

部屋は狭く、散らかっていました。壁に大きな鏡がありました。

「これを見ながら練習するんだよ」

と、弟は言いました。

ベッドの枕元には、弟がまだ小さい頃、一緒に撮った写真が飾られていました。

「姉ちゃんってキレイになったよね……」

酒に酔い始めた弟がそう言いました。

弟の目は少し充血していました。

「そんな話、照れるからやめよっ」 っと、わたしは話しを遮り、弟に色々と訊いてみました。

「どんなテストを受けたの?」と、わたしが訊いてみると、弟は「基礎体力と、技のセンスだよ」と、言いました。

「技のセンスってどんなの?」と、わたしは訊きました。

弟は「試してみる?」と、わたしに言いました。

「ええ、痛いのはやだよぉ?」

と、言いながら、弟からプロレス技をかけられることになりました。

弟は鏡の前で、「卍固め」「ジャーマン」「ラリアット」「海老固め」「四方固め」など、技の名前を言いながら、技をかけていきます。

たまに、腕がわたしの胸に当たったり、弟の息が耳にかかったりして気持ちよくなるような気がしましたが……弟はあれこれ、終わることなくわたしにプロレス技をかけてきました。

そして、わたしがちょっとフラフラになった頃、「これがスリーパー」と、言って、弟は太い腕をわたしの首に回しました。

「ちょっと力を入れるよ?」と、スリーパーをかけられるとわたしは簡単に落ちてしまいました・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【驚愕】女ですが、プロレスに入団した弟に技をかけられて意識を失って失禁→目覚めると・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性の弟はプロレスラーの入団テストに合格する。お祝いに部屋に遊びにいった彼女はどんなテストなのかと技を弟にかけてもらう。そして途中ですこし強い技をかけられて意識を失い失禁してしまう。目覚めると弟が信じられないことをしていた・・・。

わたしの弟はレスリング部に所属していて、将来はプロレスラーになる、と昔から言っていました。

「姉ちゃん、俺、プロレスラーの入団テストに受かったよ」と、ある日、弟が電話で報告してきました。

わたしは「良かったじゃん。お祝いしようか」と言いました。

さっそく、今夜、弟の入団テスト祝いをすることになりました。

弟は学校に通うため、ひとり暮らしをしています。

「俺の部屋で飲もうよ」

と、弟の提案通り、約束をしました。

約束の日、弟の部屋へ行きました。

部屋は狭く、散らかっていました。壁に大きな鏡がありました。

「これを見ながら練習するんだよ」

と、弟は言いました。

ベッドの枕元には、弟がまだ小さい頃、一緒に撮った写真が飾られていました。

「姉ちゃんってキレイになったよね……」

酒に酔い始めた弟がそう言いました。

弟の目は少し充血していました。

「そんな話、照れるからやめよっ」 っと、わたしは話しを遮り、弟に色々と訊いてみました。

「どんなテストを受けたの?」と、わたしが訊いてみると、弟は「基礎体力と、技のセンスだよ」と、言いました。

「技のセンスってどんなの?」と、わたしは訊きました。

弟は「試してみる?」と、わたしに言いました。

「ええ、痛いのはやだよぉ?」

と、言いながら、弟からプロレス技をかけられることになりました。

弟は鏡の前で、「卍固め」「ジャーマン」「ラリアット」「海老固め」「四方固め」など、技の名前を言いながら、技をかけていきます。

たまに、腕がわたしの胸に当たったり、弟の息が耳にかかったりして気持ちよくなるような気がしましたが……弟はあれこれ、終わることなくわたしにプロレス技をかけてきました。

そして、わたしがちょっとフラフラになった頃、「これがスリーパー」と、言って、弟は太い腕をわたしの首に回しました。

「ちょっと力を入れるよ?」と、スリーパーをかけられるとわたしは簡単に落ちてしまいました・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る