uploaded

高3の夏、欲望に負けて幼馴染のブス巨乳のオッパイを揉んでしまった男の末路・・・

10245
俺は某県の片田舎に住んでいる。
家の隣(30m近く離れている)に同い年の真由香という幼馴染が
住んでいる。
  
あまり手入れのされていないボサボサの髪に、吊り上がった
一重まぶたに浮き上がったほお骨が印象的な、お世辞にも可
愛いとはいえない外見だったが、服の上から凝視するほどの
巨乳の持ち主だった。
  
俺は真由香に密かな想いを寄せており、そんな中で迎えた高
3の夏。
  
母親からおすそ分けとしてスイカを、真由香の家に持って行
けといわれた。チャイムを鳴らしたが誰も出て来ず、勝手に
玄関を開けた。
   
「すみません、おばさんいます?」
一階を見たが誰もいなく、二階にある真由香の部屋に行って
みた。
「真由香いるか?」
ノックをしたが応答がなく部屋のドアを開けてみると、ベッ
トの上でTシャツと白いパンツ姿で寝ている真由香がいた。
  

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
高3の夏、欲望に負けて幼馴染のブス巨乳のオッパイを揉んでしまった男の末路・・・
10245
俺は某県の片田舎に住んでいる。
家の隣(30m近く離れている)に同い年の真由香という幼馴染が
住んでいる。
  
あまり手入れのされていないボサボサの髪に、吊り上がった
一重まぶたに浮き上がったほお骨が印象的な、お世辞にも可
愛いとはいえない外見だったが、服の上から凝視するほどの
巨乳の持ち主だった。
  
俺は真由香に密かな想いを寄せており、そんな中で迎えた高
3の夏。
  
母親からおすそ分けとしてスイカを、真由香の家に持って行
けといわれた。チャイムを鳴らしたが誰も出て来ず、勝手に
玄関を開けた。
   
「すみません、おばさんいます?」
一階を見たが誰もいなく、二階にある真由香の部屋に行って
みた。
「真由香いるか?」
ノックをしたが応答がなく部屋のドアを開けてみると、ベッ
トの上でTシャツと白いパンツ姿で寝ている真由香がいた。
  

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る