uploaded

893『牛丼の量が少ない!』新人が自己判断で、量を増やし提供すると、893『やっぱり量が少なかったんだな!』と激怒!!そこにお兄さんが現れて…

mqdefault

ハタチの頃某牛丼屋に深夜のシフトで半年程バイトしていた時、坂田利夫似のDQN親父に絡まれた事がありました。
その日は同い年の新人♂と二人で入っていたのですが、深夜なのに持ち帰り客と店内客が十数人重なり二人でテンパりながら回していました。
少し落ち着いてきた時店内から怒鳴り声が響きました。

見ると新人♂が坂田に怒鳴られている。慌ててそこに行き何があったのか聞くと、定食についていた牛皿の量が少ないと言ったら、その新人♂がその皿を厨房に持って行きモリモリに入れて持って来た。

やっぱり量が少なかったんじゃねぇか!もし俺が言わなかったらどうなってたんだ!客をなめてんのか!!と。
客に出す物は全部私が作っていて、新人♂は厨房には入らずホールだけなのですが(作る事は一応出来るが、それは私が休憩中の時だけ)、その時はバタバタしていた為自分もホールに出て牛丼を出したり会計をしたりしていた時に勝手に判断してやったらしく、

何も聞いてなかった私は最初の量がどれくらいだったのかわからず(慣れてきた頃だったのでいちいち計量していなかった)、でもそんな量が少なかったはずはなかったので、
「対応した店員は新人なもので確認もせず勝手に量を増やしたみたいで誤解されたかもしれませんが、量は間違ってなかったと思います。しかし不快な思いをされた事には変わりありません。本当に申し訳ありませんでした。」
と謝ったのですが、坂田はギャーギャー騒いで納得しない。店内に嫌な空気が流れ、他に二、三人いる客も無言。(この時新人♂は他の客の対応をしており、以降一度もその坂田の所には来ません。)
何度も何度も謝り、最後には「お代は結構ですから。これからはこのような事が二度とおこらないように気をつけますのでどうか許して下さい。」と言っても「誠意が足りない。自分はばかにされた。気持ちを見せろ。あほばかふじこ」ばかりで話しになりません。

一緒に来ていた連れの男は坂田に何か言う訳でもなくただただ隣でニヤニヤ。
回りの客も男ばかりですが誰も助けてはくれません(まぁ当たり前ですが)。
カウンターでそんなやり取りを20分くらいしていた時一人の若いヤンキーなお兄さんが入って来ました。
お兄さんは店内の空気に一瞬戸惑いながらも持ち帰りを頼み出て行きました。

その時の私は店長に報告ということが思い付かないくらい頭の中がパニックになり、お金を払えということなのか?それとも土下座しろということなのか??と、とにかくこの事態をなんとかしなくてはと頭を下げながら必死に考えていました。
泣きそうになっていた時さっきのお兄さんが入って来て

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
893『牛丼の量が少ない!』新人が自己判断で、量を増やし提供すると、893『やっぱり量が少なかったんだな!』と激怒!!そこにお兄さんが現れて…

mqdefault

ハタチの頃某牛丼屋に深夜のシフトで半年程バイトしていた時、坂田利夫似のDQN親父に絡まれた事がありました。
その日は同い年の新人♂と二人で入っていたのですが、深夜なのに持ち帰り客と店内客が十数人重なり二人でテンパりながら回していました。
少し落ち着いてきた時店内から怒鳴り声が響きました。

見ると新人♂が坂田に怒鳴られている。慌ててそこに行き何があったのか聞くと、定食についていた牛皿の量が少ないと言ったら、その新人♂がその皿を厨房に持って行きモリモリに入れて持って来た。

やっぱり量が少なかったんじゃねぇか!もし俺が言わなかったらどうなってたんだ!客をなめてんのか!!と。
客に出す物は全部私が作っていて、新人♂は厨房には入らずホールだけなのですが(作る事は一応出来るが、それは私が休憩中の時だけ)、その時はバタバタしていた為自分もホールに出て牛丼を出したり会計をしたりしていた時に勝手に判断してやったらしく、

何も聞いてなかった私は最初の量がどれくらいだったのかわからず(慣れてきた頃だったのでいちいち計量していなかった)、でもそんな量が少なかったはずはなかったので、
「対応した店員は新人なもので確認もせず勝手に量を増やしたみたいで誤解されたかもしれませんが、量は間違ってなかったと思います。しかし不快な思いをされた事には変わりありません。本当に申し訳ありませんでした。」
と謝ったのですが、坂田はギャーギャー騒いで納得しない。店内に嫌な空気が流れ、他に二、三人いる客も無言。(この時新人♂は他の客の対応をしており、以降一度もその坂田の所には来ません。)
何度も何度も謝り、最後には「お代は結構ですから。これからはこのような事が二度とおこらないように気をつけますのでどうか許して下さい。」と言っても「誠意が足りない。自分はばかにされた。気持ちを見せろ。あほばかふじこ」ばかりで話しになりません。

一緒に来ていた連れの男は坂田に何か言う訳でもなくただただ隣でニヤニヤ。
回りの客も男ばかりですが誰も助けてはくれません(まぁ当たり前ですが)。
カウンターでそんなやり取りを20分くらいしていた時一人の若いヤンキーなお兄さんが入って来ました。
お兄さんは店内の空気に一瞬戸惑いながらも持ち帰りを頼み出て行きました。

その時の私は店長に報告ということが思い付かないくらい頭の中がパニックになり、お金を払えということなのか?それとも土下座しろということなのか??と、とにかくこの事態をなんとかしなくてはと頭を下げながら必死に考えていました。
泣きそうになっていた時さっきのお兄さんが入って来て

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る