uploaded

【壮絶】父「カタワの娘はいらん!離婚だ」 → 私を引き取った伯母『大丈夫。きっと乗り越えられる』私「おかあさん・・・」 → その後、伯母夫婦離婚した。私が原因で…

私は生まれつき四肢の一部が欠損していました。
エコーの段階で気付き産むかどうか一悶着あり
結局私は産まれました。両祖父母は私が産まれるのは
反対だったそうです。実母が反対を押し切って
私を産んだそうです。その時にカ〇ワの娘はいらないと
いうことで、実父と実母は離婚しました。
そして、実母と実母の実家で暮らすことになりました。
その頃のことはあまり覚えていません。
ただ、実母のことは好きでした。だから、実母が
帰ってこなくなった時、私は4歳でしたが
どうして帰ってこないのか、何度も同居していた
伯父伯母夫婦に聞いたのを覚えています。
祖父母は私のことを疎ましく思っていたのを
感じていたので、あまりはなしかけませんでした。
ここで、実母実家の家族構成を書きます。
実母→4歳の時に帰ってこなくなった
伯父→実母の弟
伯母→伯父の妻
祖父母→私のことは嫌いだけど、実母と伯父は
大切なようだった。
従姉妹→私と同級生の伯父伯母夫婦の娘。
子供の時は仲良く遊んでいた。
実母が消えてから、家に「おかあさん」は
伯母さんしかいなかったので、私は自然と
伯母をおかあさんと呼ぶようになり、
実の娘でないことは理解しながらも、私のお世話を
全部してくれる伯母を本当の母のように思うように
なりました。

伯母が私と従姉妹に態度が少し違うことは何と無く
気付いていましたが、あまり深く考えませんでした。
ご飯を作ってくれて、お風呂に一緒に入ってくれて
髪を結ってくれました。大好きなおかあさんでした。
従姉妹はおかあさんといつも一緒に寝れて
羨ましかったです。だから私はおかあさんに一度
私もおかあさんと寝たい、と言いました。
従姉妹が泣いて、おかあさんが従兄弟を泣いて
私の要求は流されてしまいました。
その時もさみしいとは思ったけど深くは
考えませんでした。自分が愛されていないとは
夢にも思わなかったからです。
私は義肢を使わずとも、日常生活は殆ど自立
出来ているので、従姉妹と一緒に普通学級に
通いました。さすがにクラスは違いましたが
一緒に登校して、学校の話をして、喧嘩もたまにして
普通の姉妹のようでした。私にはそう感じていました。
小学校3年生の時から、私はイジメにあいはじめました。
それまでも、不思議そうに聞かれたり
からかわれたことはありましたが、もっと陰湿な
いじめを受けました。物を私が取れない所に置いたり
机や教科書にイタズラをされたりしました。

伯父はその頃海外に転勤していたので
私は伯母に相談しました。従姉妹は多分私が
いじめられているのを知っていたと思うけど
クラスも違うし、従姉妹に気を遣われるのが
恥ずかしかったので、従姉妹には何も
話しませんでした。おかあさんは私のために
何度も学校まで来てくれました。いじめっ子の
親とも話し合ってくれたみたいです。
いじめは辛かったけど、どうせこの体じゃ
いじめられるのも自業自得な気がしていて、
いじめを受けた辛さよりおかあさんが
私を守ろうとしてくれた事がすごく嬉しかったです。
いじめは完全にはなくならなかったけど、だいぶ
軽くなりました。小学校5年生になった時に
伯父と伯母は離婚することになりました・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【壮絶】父「カタワの娘はいらん!離婚だ」 → 私を引き取った伯母『大丈夫。きっと乗り越えられる』私「おかあさん・・・」 → その後、伯母夫婦離婚した。私が原因で…

私は生まれつき四肢の一部が欠損していました。
エコーの段階で気付き産むかどうか一悶着あり
結局私は産まれました。両祖父母は私が産まれるのは
反対だったそうです。実母が反対を押し切って
私を産んだそうです。その時にカ〇ワの娘はいらないと
いうことで、実父と実母は離婚しました。
そして、実母と実母の実家で暮らすことになりました。
その頃のことはあまり覚えていません。
ただ、実母のことは好きでした。だから、実母が
帰ってこなくなった時、私は4歳でしたが
どうして帰ってこないのか、何度も同居していた
伯父伯母夫婦に聞いたのを覚えています。
祖父母は私のことを疎ましく思っていたのを
感じていたので、あまりはなしかけませんでした。
ここで、実母実家の家族構成を書きます。
実母→4歳の時に帰ってこなくなった
伯父→実母の弟
伯母→伯父の妻
祖父母→私のことは嫌いだけど、実母と伯父は
大切なようだった。
従姉妹→私と同級生の伯父伯母夫婦の娘。
子供の時は仲良く遊んでいた。
実母が消えてから、家に「おかあさん」は
伯母さんしかいなかったので、私は自然と
伯母をおかあさんと呼ぶようになり、
実の娘でないことは理解しながらも、私のお世話を
全部してくれる伯母を本当の母のように思うように
なりました。

伯母が私と従姉妹に態度が少し違うことは何と無く
気付いていましたが、あまり深く考えませんでした。
ご飯を作ってくれて、お風呂に一緒に入ってくれて
髪を結ってくれました。大好きなおかあさんでした。
従姉妹はおかあさんといつも一緒に寝れて
羨ましかったです。だから私はおかあさんに一度
私もおかあさんと寝たい、と言いました。
従姉妹が泣いて、おかあさんが従兄弟を泣いて
私の要求は流されてしまいました。
その時もさみしいとは思ったけど深くは
考えませんでした。自分が愛されていないとは
夢にも思わなかったからです。
私は義肢を使わずとも、日常生活は殆ど自立
出来ているので、従姉妹と一緒に普通学級に
通いました。さすがにクラスは違いましたが
一緒に登校して、学校の話をして、喧嘩もたまにして
普通の姉妹のようでした。私にはそう感じていました。
小学校3年生の時から、私はイジメにあいはじめました。
それまでも、不思議そうに聞かれたり
からかわれたことはありましたが、もっと陰湿な
いじめを受けました。物を私が取れない所に置いたり
机や教科書にイタズラをされたりしました。

伯父はその頃海外に転勤していたので
私は伯母に相談しました。従姉妹は多分私が
いじめられているのを知っていたと思うけど
クラスも違うし、従姉妹に気を遣われるのが
恥ずかしかったので、従姉妹には何も
話しませんでした。おかあさんは私のために
何度も学校まで来てくれました。いじめっ子の
親とも話し合ってくれたみたいです。
いじめは辛かったけど、どうせこの体じゃ
いじめられるのも自業自得な気がしていて、
いじめを受けた辛さよりおかあさんが
私を守ろうとしてくれた事がすごく嬉しかったです。
いじめは完全にはなくならなかったけど、だいぶ
軽くなりました。小学校5年生になった時に
伯父と伯母は離婚することになりました・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る