uploaded

【危険人物】毎朝ハイビームで通過する車にヤバイ雰囲気のグラサン爺さんが何かを投げ当てた!!ハイビーム車が停車して…

今年の某北区の話。

駅へ続く少しカーブの効いた道を、何故か毎朝ハイビームで通過する車(多分メビウス)がいた。
そのハイビームが多少眩しいぐらいならいいけど、どう考えても異常なほど青白い閃光。
もしも直視したのならマジで目が眩むレベルの強さ。
駅へ向かう学生や通勤途中のリーマンがワッと驚くほど眩しい光を放ち通過していた。

ある日。
みすぼらしい格好をしたグラサン爺さんが立っていた。
黙ってカーブを見つめ、何かをブツブツ言いながら立っており、誰もがやばい人と感じるような雰囲気をもった爺さんだった

俺も思わず
「うわぁ……」と思いながら避けると、いつもの眩しい光が。
その瞬間、爺さん
「来たな!!!」と叫んだ。
そして手に持っていた何かをパパッと二回投げた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【危険人物】毎朝ハイビームで通過する車にヤバイ雰囲気のグラサン爺さんが何かを投げ当てた!!ハイビーム車が停車して…

今年の某北区の話。

駅へ続く少しカーブの効いた道を、何故か毎朝ハイビームで通過する車(多分メビウス)がいた。
そのハイビームが多少眩しいぐらいならいいけど、どう考えても異常なほど青白い閃光。
もしも直視したのならマジで目が眩むレベルの強さ。
駅へ向かう学生や通勤途中のリーマンがワッと驚くほど眩しい光を放ち通過していた。

ある日。
みすぼらしい格好をしたグラサン爺さんが立っていた。
黙ってカーブを見つめ、何かをブツブツ言いながら立っており、誰もがやばい人と感じるような雰囲気をもった爺さんだった

俺も思わず
「うわぁ……」と思いながら避けると、いつもの眩しい光が。
その瞬間、爺さん
「来たな!!!」と叫んだ。
そして手に持っていた何かをパパッと二回投げた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る