uploaded

お化けよりも人間のが怖いと痛感した話

new_214

 

2年位前に私が体験して、

忘れられない話。  私の仕事は

早くて終電、終わらなければタクシーで

深夜帰宅が普通だった。 その日も3時になり

タクシー帰宅だったが車内で寝てしまい、気づくと

車は家の近くで道に迷っていた。  歩けばすぐだし、

住宅街で一方通行と狭い道が多いので遠回りが嫌で

2~3分歩いて帰ることにした。 この日は同棲している

彼が実家に帰省していて、久しぶりに一人の夜だった。


自営業なので夜型生活になり、普段はチャイムを

鳴らして彼にドアを開けてもらうのがお決まりだった。 


アパートについて階段をあがり2階へ。階段は

コの字になっていて下からは死角。  家に着くが、

ドアの前でなかなか鍵が見つからない。 


手はごそごそ鞄を漁りながらふと気配を

感じて右の踊り場を見ると、なぜか

ゆっくり黒い影が動いている…。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
お化けよりも人間のが怖いと痛感した話

new_214

 

2年位前に私が体験して、

忘れられない話。  私の仕事は

早くて終電、終わらなければタクシーで

深夜帰宅が普通だった。 その日も3時になり

タクシー帰宅だったが車内で寝てしまい、気づくと

車は家の近くで道に迷っていた。  歩けばすぐだし、

住宅街で一方通行と狭い道が多いので遠回りが嫌で

2~3分歩いて帰ることにした。 この日は同棲している

彼が実家に帰省していて、久しぶりに一人の夜だった。


自営業なので夜型生活になり、普段はチャイムを

鳴らして彼にドアを開けてもらうのがお決まりだった。 


アパートについて階段をあがり2階へ。階段は

コの字になっていて下からは死角。  家に着くが、

ドアの前でなかなか鍵が見つからない。 


手はごそごそ鞄を漁りながらふと気配を

感じて右の踊り場を見ると、なぜか

ゆっくり黒い影が動いている…。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る