uploaded

【悲惨】大事な取引先を自宅に招いたら契約をエサに妻がとんでもない目に・・・

11183
私は中小企業で営業課長をしている45歳のサラリーマンです。
  
娘も去年他県の私立大学に合格し、1人暮らしをしています。
  
家のローンに娘への仕送りと出費が多く、妻も昨年からパー
トで仕事を始めました。私の会社も景気が良いとは言えず、
ボーナスも毎年減少傾向にありました。
  
そんな時、営業で出向いた建築会社から大きな仕事の話が入
ったんです。
  
部長を始め、社長にまで ”頼むぞ!会社の存続が掛っている
仕事だから” と言われ注目の的でした。話はとんとん拍子に
進み、社長の勧めもあって相手先を接待する事になりました。
  
当日、部長と待ち合わせ場所の料亭に向かうと、既に取引先
の方がお見えになっていました。
  
『すいません、遅くなってしまって』
『まぁ気にしないで・・・我々も今着いたばかりですから』
初めて見る2人と名刺交換をすると社長(緒方社長)と専務(
高橋専務)だったんです。
  
『今日は、契約書を持って来ましたので、社長と専務が来ま
した』
『そうなんですか!弊社社長も来るのを楽しみにしていたん
ですが、都合が悪くて』
『社長にもよろしく言ってて下さい』
『そんな堅い話はいいから、喉も乾いたし早速始めません
か?』
『そうですね』
  
土建業と言う仕事柄なのか?社長や専務も堅苦しさが無く、
普段の飲み会と言う雰囲気で酒を次々と飲み干していました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【悲惨】大事な取引先を自宅に招いたら契約をエサに妻がとんでもない目に・・・
11183
私は中小企業で営業課長をしている45歳のサラリーマンです。
  
娘も去年他県の私立大学に合格し、1人暮らしをしています。
  
家のローンに娘への仕送りと出費が多く、妻も昨年からパー
トで仕事を始めました。私の会社も景気が良いとは言えず、
ボーナスも毎年減少傾向にありました。
  
そんな時、営業で出向いた建築会社から大きな仕事の話が入
ったんです。
  
部長を始め、社長にまで ”頼むぞ!会社の存続が掛っている
仕事だから” と言われ注目の的でした。話はとんとん拍子に
進み、社長の勧めもあって相手先を接待する事になりました。
  
当日、部長と待ち合わせ場所の料亭に向かうと、既に取引先
の方がお見えになっていました。
  
『すいません、遅くなってしまって』
『まぁ気にしないで・・・我々も今着いたばかりですから』
初めて見る2人と名刺交換をすると社長(緒方社長)と専務(
高橋専務)だったんです。
  
『今日は、契約書を持って来ましたので、社長と専務が来ま
した』
『そうなんですか!弊社社長も来るのを楽しみにしていたん
ですが、都合が悪くて』
『社長にもよろしく言ってて下さい』
『そんな堅い話はいいから、喉も乾いたし早速始めません
か?』
『そうですね』
  
土建業と言う仕事柄なのか?社長や専務も堅苦しさが無く、
普段の飲み会と言う雰囲気で酒を次々と飲み干していました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る