uploaded

同じバイト先に好きな子がいた。その時、俺はバイト先で女子から嫌われている男を利用することを思いついた…

21歳のとき、大学3年生なんだが2個下の
短大生と付き合った。
同じバイト先の子で男子から人気がある子
だった。
まあ俺もかわいいなーくらいだったんだが
なにしろ人気嬢だったことと、
どうせ告白してもフラれると思っていたから
内心興味ないように黙っていた。

そんなある日バイト先で一番女子からキモイ
といわれている男が片思いしてな。
これをどうにかうまくいかせないかと
考えた俺に豆電球がついた。

全力で彼を応援することにした。
彼を全力で応援しつつ、彼女の彼に対する
相談を受けるようになった。
今でいうストーカーみたいのに
なっていたし。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
同じバイト先に好きな子がいた。その時、俺はバイト先で女子から嫌われている男を利用することを思いついた…

21歳のとき、大学3年生なんだが2個下の
短大生と付き合った。
同じバイト先の子で男子から人気がある子
だった。
まあ俺もかわいいなーくらいだったんだが
なにしろ人気嬢だったことと、
どうせ告白してもフラれると思っていたから
内心興味ないように黙っていた。

そんなある日バイト先で一番女子からキモイ
といわれている男が片思いしてな。
これをどうにかうまくいかせないかと
考えた俺に豆電球がついた。

全力で彼を応援することにした。
彼を全力で応援しつつ、彼女の彼に対する
相談を受けるようになった。
今でいうストーカーみたいのに
なっていたし。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る