uploaded

【衝撃的】高校卒業以来交流の無いA子、20年ぶりに私と連絡が取りたいと何度も実家に電話!私「怪しい理由に決まってるよね…」と無視していたのだが、思い切って会ってみた結果…


私は40歳の主婦
旦那と子供と暮らしている
実家は市内にある

1年くらい前に実家の母から連絡があった
高校3年の時の同級生(A子)から実家の家電に電話があり私と連絡がとりたいと
A子は珍しい苗字だったからなんとなく覚えてたけど
卒業後は会ってなくて、その程度の仲だったただのクラスメイト
嫌いではなかったけど、他に連絡取ってる親しい友達もいるし
A子との仲はそこまでではなかった

A子の電話番号を教えられたけど、折り返し電話する気はなかった

高校の同級生が名簿で調べて連絡してくる用件なんて

1 極限の金コマで借金の依頼
2 生保の勧誘
3 車や住宅の販売の勧誘
4 何十万もする高級下着の勧誘
5 ○ムウェイ系のネズミ講ビジネスの勧誘

これくらいしか想定できなかったから
メリットはなくてデメリットしかなさそうだったし

2か月に1度くらいの頻度で実家に電話があったけど無視してた
本当は専業主婦だけど、母親には
「パートが忙しい」=パートでカツカツでお金ないですよアピール
と言ってもらってた

ある時、子供を連れて実家に帰ってる時に、A子から電話があった
私「いないって言って」
母「いい加減何度も何度もお母さんも嫌だから、自分でガツンと断りなさい」

そう言われて渋々電話に出た

「久しぶりー!」とテンションの高いA子
久々に会いたいというA子には悪いけど
育児中で忙しいから用件だけ聞かせてというと、意外なことを言われた

「高校出て半年くらい経った頃、偶然会ったバーで私子ちゃんが飲んでたお酒の名前を教えて!」

高校出てから半年後に偶然一度会っていたことは、私は覚えてなかった

意外だったけど、そういう仕事と関係ない話から始めて
最終的には保険に加入させられたり高級下着や車を買わされるんだと警戒したけど
A子が必死にお願いするので、一度だけ食事に行くことになった
勧誘されたら面と向かってキッパリ断るつもりで、私はA子に会いに行った

A子はお店を全く知らないというので
繁華街のパスタ屋を指定して、その後過去に偶然再会したというバーへ

私のお酒の好みはちょっと変わってて、若い頃からウイスキー派
しかも一般人にはクセが強いらしい、シングルモルト好き
当時から私が飲んでいたと思われるウイスキーを何種類か注文した
(ラフロイグとかボウモアとか)

普通の女友達には「クレゾールみたいな薬品の味がする!」
と全否定されるのに、A子は「これだ、これ!!」と感激して飲んでいた

そしてA子は無職らしく、何の勧誘もしてこなかった
それどころか驚きの事実を聞いた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【衝撃的】高校卒業以来交流の無いA子、20年ぶりに私と連絡が取りたいと何度も実家に電話!私「怪しい理由に決まってるよね…」と無視していたのだが、思い切って会ってみた結果…


私は40歳の主婦
旦那と子供と暮らしている
実家は市内にある

1年くらい前に実家の母から連絡があった
高校3年の時の同級生(A子)から実家の家電に電話があり私と連絡がとりたいと
A子は珍しい苗字だったからなんとなく覚えてたけど
卒業後は会ってなくて、その程度の仲だったただのクラスメイト
嫌いではなかったけど、他に連絡取ってる親しい友達もいるし
A子との仲はそこまでではなかった

A子の電話番号を教えられたけど、折り返し電話する気はなかった

高校の同級生が名簿で調べて連絡してくる用件なんて

1 極限の金コマで借金の依頼
2 生保の勧誘
3 車や住宅の販売の勧誘
4 何十万もする高級下着の勧誘
5 ○ムウェイ系のネズミ講ビジネスの勧誘

これくらいしか想定できなかったから
メリットはなくてデメリットしかなさそうだったし

2か月に1度くらいの頻度で実家に電話があったけど無視してた
本当は専業主婦だけど、母親には
「パートが忙しい」=パートでカツカツでお金ないですよアピール
と言ってもらってた

ある時、子供を連れて実家に帰ってる時に、A子から電話があった
私「いないって言って」
母「いい加減何度も何度もお母さんも嫌だから、自分でガツンと断りなさい」

そう言われて渋々電話に出た

「久しぶりー!」とテンションの高いA子
久々に会いたいというA子には悪いけど
育児中で忙しいから用件だけ聞かせてというと、意外なことを言われた

「高校出て半年くらい経った頃、偶然会ったバーで私子ちゃんが飲んでたお酒の名前を教えて!」

高校出てから半年後に偶然一度会っていたことは、私は覚えてなかった

意外だったけど、そういう仕事と関係ない話から始めて
最終的には保険に加入させられたり高級下着や車を買わされるんだと警戒したけど
A子が必死にお願いするので、一度だけ食事に行くことになった
勧誘されたら面と向かってキッパリ断るつもりで、私はA子に会いに行った

A子はお店を全く知らないというので
繁華街のパスタ屋を指定して、その後過去に偶然再会したというバーへ

私のお酒の好みはちょっと変わってて、若い頃からウイスキー派
しかも一般人にはクセが強いらしい、シングルモルト好き
当時から私が飲んでいたと思われるウイスキーを何種類か注文した
(ラフロイグとかボウモアとか)

普通の女友達には「クレゾールみたいな薬品の味がする!」
と全否定されるのに、A子は「これだ、これ!!」と感激して飲んでいた

そしてA子は無職らしく、何の勧誘もしてこなかった
それどころか驚きの事実を聞いた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る