uploaded

【唖然】付き合って五年になる彼氏と知らない女の結婚式の招待状を彼氏宅でみつけた・・・私「説明しろ」→彼氏の信じられない返答とはwww

付き合って五年になる彼氏がいます。

今年には結婚する予定でした。

先日、彼の家に行った時のことです。
彼が飲み物を取りに台所に行っている間に、私は暇潰しにと、本棚をあさっていました。

好きな作家の新刊が置いてあったので、手にとってみると…。
結婚式の招待状。

知り合いのかな、こんな所に挟んじゃって…仕方ないなぁと取り出してみると、

差出人は 彼 氏(と知らない女) で し た 。

白い封筒に綴られた二人の名前…。

あれ、婚約してるのって私じゃなかったっけな?
もしかして前に奥さんいたのかな?
…でも日付は今年なんだけど、来月なんだけどォ!?

と一人で目を白黒させていると、部屋に戻ってきた彼が私に声をかけてきました。

「お待たせ~、あ、新刊まだ読んでなかった? …ってそれ!!!」
手元の封筒に気付いたのか、彼は目を見開いて固まっていました。

「どういう事…?」
声が震えているのが、自分でも分かります。
結婚しようね、と交した口約束。

借りるアパートのために、式はしないで入籍だけにしようと言った彼。

でも、目の前にあるのは、その彼の結婚式の招待状でした。
ぶん殴りたいのを堪えて、とりあえず説明しろ、て告げました。

 

訳を聞けば、彼女とは二年付き合っているとのこと。
被っている期間は、昼は無職の彼女の家、夜は私とデートだったらしいです。

親にも挨拶したし、新居も決まっている。

「お前のことも好きだけど、彼女も好きなんだ…どちらも選べない!」

と彼はほざきやがりました。

 

なら、なぜ五年付き合っている私を選ばなかった?と聞いたところ、

「会っている所を彼女の親に見られた、彼女がその場で挨拶させたから」
…(д)゚゚
それだけの理由で!?

 

唖然としていた所で、彼の携帯にメールが入った。
彼女かららしい。

見せなさいと脅すと、彼は渋々見せてくれました。
「○○くんとの結婚式まで、あと○○日だね♪今日はドレスも仕上がるよ(^ー^)」
(原文まま)

私との結婚資金は節約して、彼女はオーダードレスですか?
もう、私の目は座っていました。呆れて物も言えません。

「…わかった、彼女とお幸せにね?」

ぽつり、と呟くと、彼の顔が途端に青ざめてゆきました。
「嫌だ、捨てないで!○○とは戸籍上一緒になるだけなんだよ!俺が好きなのはお前だけなんだよ!」

今にも泣き出しそうな顔で、彼は私の足にすがってきました。
戸籍上って…それを結婚と言うのでは?

五年も付き合っていたので、私にも情の欠片はありました。

「わかった、じゃあ、三人で話し合いをする?」

弁明の場を与えてやろうと思ったのですが、これが間違いの発端でした…。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【唖然】付き合って五年になる彼氏と知らない女の結婚式の招待状を彼氏宅でみつけた・・・私「説明しろ」→彼氏の信じられない返答とはwww

付き合って五年になる彼氏がいます。

今年には結婚する予定でした。

先日、彼の家に行った時のことです。
彼が飲み物を取りに台所に行っている間に、私は暇潰しにと、本棚をあさっていました。

好きな作家の新刊が置いてあったので、手にとってみると…。
結婚式の招待状。

知り合いのかな、こんな所に挟んじゃって…仕方ないなぁと取り出してみると、

差出人は 彼 氏(と知らない女) で し た 。

白い封筒に綴られた二人の名前…。

あれ、婚約してるのって私じゃなかったっけな?
もしかして前に奥さんいたのかな?
…でも日付は今年なんだけど、来月なんだけどォ!?

と一人で目を白黒させていると、部屋に戻ってきた彼が私に声をかけてきました。

「お待たせ~、あ、新刊まだ読んでなかった? …ってそれ!!!」
手元の封筒に気付いたのか、彼は目を見開いて固まっていました。

「どういう事…?」
声が震えているのが、自分でも分かります。
結婚しようね、と交した口約束。

借りるアパートのために、式はしないで入籍だけにしようと言った彼。

でも、目の前にあるのは、その彼の結婚式の招待状でした。
ぶん殴りたいのを堪えて、とりあえず説明しろ、て告げました。

 

訳を聞けば、彼女とは二年付き合っているとのこと。
被っている期間は、昼は無職の彼女の家、夜は私とデートだったらしいです。

親にも挨拶したし、新居も決まっている。

「お前のことも好きだけど、彼女も好きなんだ…どちらも選べない!」

と彼はほざきやがりました。

 

なら、なぜ五年付き合っている私を選ばなかった?と聞いたところ、

「会っている所を彼女の親に見られた、彼女がその場で挨拶させたから」
…(д)゚゚
それだけの理由で!?

 

唖然としていた所で、彼の携帯にメールが入った。
彼女かららしい。

見せなさいと脅すと、彼は渋々見せてくれました。
「○○くんとの結婚式まで、あと○○日だね♪今日はドレスも仕上がるよ(^ー^)」
(原文まま)

私との結婚資金は節約して、彼女はオーダードレスですか?
もう、私の目は座っていました。呆れて物も言えません。

「…わかった、彼女とお幸せにね?」

ぽつり、と呟くと、彼の顔が途端に青ざめてゆきました。
「嫌だ、捨てないで!○○とは戸籍上一緒になるだけなんだよ!俺が好きなのはお前だけなんだよ!」

今にも泣き出しそうな顔で、彼は私の足にすがってきました。
戸籍上って…それを結婚と言うのでは?

五年も付き合っていたので、私にも情の欠片はありました。

「わかった、じゃあ、三人で話し合いをする?」

弁明の場を与えてやろうと思ったのですが、これが間違いの発端でした…。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る