uploaded

【鬼畜】実の娘に子供を五人産ませ、五回中絶させた父親の末路・・・

時刻はすでに11時近かった。

雑貨屋の表戸をどんどんとせわしなく叩きながら、泣き声で「おばさん、おばさん」と呼ぶ声には聞き覚えがあった。

すでに就寝していた雑貨屋のおかみは起き上がり、戸をあけて夜中の訪問者を迎えいれた。
それは近所の市営住宅に住む顔見知りの女であった。

女はおかみにしがみつくなり、

「おばさん、父ちゃんを殺しちゃった」と言った。

おかみは絶句した。
実はこうなるかなり以前、おかみはこの女から「秘密」を聞かされて知っていたのである。

「あんたら夫婦、だいぶ歳が違うみたいだけど……」

そう水を向けると、彼女は意外なほどあっさり答えた。

「だって、実の親子だもの」と。

そして、また妊娠したらしくてこのところ気分が悪いのだ、とおかみにすがるようにして歩いた。
彼女はすでに半べそ顔だった。
16で妊娠して、次々に5人産んだ。

その後に妊娠中絶を4回やった。
今度もまたやることになるだろうが、あればっかりは何度やってもイヤだ、と――。

「じゃあ……いまの、そのお腹の子は?」
「父ちゃんのに決まってるでしょ」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【鬼畜】実の娘に子供を五人産ませ、五回中絶させた父親の末路・・・

時刻はすでに11時近かった。

雑貨屋の表戸をどんどんとせわしなく叩きながら、泣き声で「おばさん、おばさん」と呼ぶ声には聞き覚えがあった。

すでに就寝していた雑貨屋のおかみは起き上がり、戸をあけて夜中の訪問者を迎えいれた。
それは近所の市営住宅に住む顔見知りの女であった。

女はおかみにしがみつくなり、

「おばさん、父ちゃんを殺しちゃった」と言った。

おかみは絶句した。
実はこうなるかなり以前、おかみはこの女から「秘密」を聞かされて知っていたのである。

「あんたら夫婦、だいぶ歳が違うみたいだけど……」

そう水を向けると、彼女は意外なほどあっさり答えた。

「だって、実の親子だもの」と。

そして、また妊娠したらしくてこのところ気分が悪いのだ、とおかみにすがるようにして歩いた。
彼女はすでに半べそ顔だった。
16で妊娠して、次々に5人産んだ。

その後に妊娠中絶を4回やった。
今度もまたやることになるだろうが、あればっかりは何度やってもイヤだ、と――。

「じゃあ……いまの、そのお腹の子は?」
「父ちゃんのに決まってるでしょ」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る