uploaded

美女二人ナンパ成功・・・彼氏持ちだったけど、強引に押し倒そうとした結果・・・・・wwwwwww

今から10数年前の話。
おれが大学2年生だった夏の事、バイト仲間の健から

「海にナンパ行かね?」

と誘われた。
ナンパなんかうまくいくとも思えなかったが、健は彼女と別れたばかりだったし、
おれは面白半分、付き合い半分で行く事にした。

貧乏だった当時、その金をどうやって捻出したかは覚えていない。
とにかく健と一泊の予定で海に向かった。

「おめーと二人で夜を過ごすのは洒落になんねーな」

おれ達は笑いあっていたが、いざ浜辺につくと凍りついた。

人がいねぇ。

いや、いるにはいるが、ほぼ家族連れ。
言ってみればファミリービーチだったわけだ。

成せば成る。
昔の偉い人も言ってたし、おれ達なりにがんばってみた。
余裕で全敗だった。

特に最後に声をかけた娘には彼氏がいて、

「なになに、おれの女に何か用?」

なんて凄まれてしまった。

それでおれ達意気消沈。
まだ陽も高いうちから宿に退散した。
これがまたしょぼい宿だった。
描写するのもだるいんで、一口に言うとくたびれた民宿です。

「せ、せっかくだから・・・」

おれ達は酒を飲む事にした。が、民宿の自販機は高い。
というわけで近くの酒屋に向かった。

「今日はあれだ、飲み明かそうぜ!」

無理やり盛り上がってみたものの、酒屋がまた遠かった。
しかも帰りは酒が重い。
宿に着いた頃にはお互いクタクタだった。

 

「か、乾杯・・・」

おれはビールを一缶だけ飲み干すと大の字に伸びた。

「おい」

その時、健がおれをゆすった。

「何よ?」

「となりだよ、となり」

そういうと健は壁に耳をつけた。
おれもだまってそれに習う。
すると、人の気配とともにはしゃぐ声が聞こえた。
女の声だった。

おれたちは部屋の中央に戻ると興奮しながら話し合った。

「女だな。」
「だな。」

「二人っぽくね?」
「ぽいね。」

「男の声は?」
「しなかった。」

だが、ここで先ほどの忌まわしき記憶が蘇った。

「他の部屋にさ、男がいるとかあり?」

「・・・ありだな。」

事は慎重に運ばねばならぬ。
この一点でおれと健は限りなくシンクロしていた。

「まず、男がいるかどうかの確認。これが必須。」

確かめるのは簡単だった。
この民宿は、客が食堂に集まって一緒に夕食をとる事になっていたからだ。

「いなかった場合、行動に出るよ。」

「なんて?」

「んー、一緒に飲まない?とか?」

まんまじゃんと思いつつもこれ以上の案が出るわけもなく、
結局それで行く事に決まった。

 

そして夕食の時間がきた。

おれたちは一番乗りだった。誰もいない。

「あせりすぎだろバカ」

「うるせーよボケ」

そんなやり取りをしていると、徐々に宿泊客が食堂に集まってきた。
カップルらしき二人連れは1組だけで、あとは全員家族連れだった。
まあ安宿なんで、若いのは無理してでもいい所に泊まるのだろう。

そして、お目当ての二人は最後の登場だった。

おれ達は出された物をほぼ食べ尽くしていたため、お茶を限りなくゆっくり飲みながら周りの様子を伺った。
見る限り男の影は見えない。
どうやら女二人客。

この二人、ちょっと年上っぽいけどノリが良さそうだし、結構かわいかった。
一人は髪がソバージュで、肌が小麦色のほっそりした美人タイプ。
もう一人は栗毛色の髪の毛で、肌が真っ白なかわいいタイプ。

というわけで最高の環境が整った。
このチャンスを見逃すわけには行かないのである。

だが、いざ行動に出ようとしてもきっかけが掴めない。
食堂でナンパするのも正直気が引けた。

ガキどもが走り回っててうるせーし。
というわけで結局、何をするわけでもなく食堂を後にした。

「どうする?」

「どうしよう?」

おれ達は部屋に着くなり相談しはじめた。
が、どうしても下心丸見えで、うまくいくとは思えない。
おれ達は酒を片手にしばらくの間頭を抱えていた。

どれくらいの時間が経ったか分からないが、それは突然起こった。

コンコン・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
美女二人ナンパ成功・・・彼氏持ちだったけど、強引に押し倒そうとした結果・・・・・wwwwwww

今から10数年前の話。
おれが大学2年生だった夏の事、バイト仲間の健から

「海にナンパ行かね?」

と誘われた。
ナンパなんかうまくいくとも思えなかったが、健は彼女と別れたばかりだったし、
おれは面白半分、付き合い半分で行く事にした。

貧乏だった当時、その金をどうやって捻出したかは覚えていない。
とにかく健と一泊の予定で海に向かった。

「おめーと二人で夜を過ごすのは洒落になんねーな」

おれ達は笑いあっていたが、いざ浜辺につくと凍りついた。

人がいねぇ。

いや、いるにはいるが、ほぼ家族連れ。
言ってみればファミリービーチだったわけだ。

成せば成る。
昔の偉い人も言ってたし、おれ達なりにがんばってみた。
余裕で全敗だった。

特に最後に声をかけた娘には彼氏がいて、

「なになに、おれの女に何か用?」

なんて凄まれてしまった。

それでおれ達意気消沈。
まだ陽も高いうちから宿に退散した。
これがまたしょぼい宿だった。
描写するのもだるいんで、一口に言うとくたびれた民宿です。

「せ、せっかくだから・・・」

おれ達は酒を飲む事にした。が、民宿の自販機は高い。
というわけで近くの酒屋に向かった。

「今日はあれだ、飲み明かそうぜ!」

無理やり盛り上がってみたものの、酒屋がまた遠かった。
しかも帰りは酒が重い。
宿に着いた頃にはお互いクタクタだった。

 

「か、乾杯・・・」

おれはビールを一缶だけ飲み干すと大の字に伸びた。

「おい」

その時、健がおれをゆすった。

「何よ?」

「となりだよ、となり」

そういうと健は壁に耳をつけた。
おれもだまってそれに習う。
すると、人の気配とともにはしゃぐ声が聞こえた。
女の声だった。

おれたちは部屋の中央に戻ると興奮しながら話し合った。

「女だな。」
「だな。」

「二人っぽくね?」
「ぽいね。」

「男の声は?」
「しなかった。」

だが、ここで先ほどの忌まわしき記憶が蘇った。

「他の部屋にさ、男がいるとかあり?」

「・・・ありだな。」

事は慎重に運ばねばならぬ。
この一点でおれと健は限りなくシンクロしていた。

「まず、男がいるかどうかの確認。これが必須。」

確かめるのは簡単だった。
この民宿は、客が食堂に集まって一緒に夕食をとる事になっていたからだ。

「いなかった場合、行動に出るよ。」

「なんて?」

「んー、一緒に飲まない?とか?」

まんまじゃんと思いつつもこれ以上の案が出るわけもなく、
結局それで行く事に決まった。

 

そして夕食の時間がきた。

おれたちは一番乗りだった。誰もいない。

「あせりすぎだろバカ」

「うるせーよボケ」

そんなやり取りをしていると、徐々に宿泊客が食堂に集まってきた。
カップルらしき二人連れは1組だけで、あとは全員家族連れだった。
まあ安宿なんで、若いのは無理してでもいい所に泊まるのだろう。

そして、お目当ての二人は最後の登場だった。

おれ達は出された物をほぼ食べ尽くしていたため、お茶を限りなくゆっくり飲みながら周りの様子を伺った。
見る限り男の影は見えない。
どうやら女二人客。

この二人、ちょっと年上っぽいけどノリが良さそうだし、結構かわいかった。
一人は髪がソバージュで、肌が小麦色のほっそりした美人タイプ。
もう一人は栗毛色の髪の毛で、肌が真っ白なかわいいタイプ。

というわけで最高の環境が整った。
このチャンスを見逃すわけには行かないのである。

だが、いざ行動に出ようとしてもきっかけが掴めない。
食堂でナンパするのも正直気が引けた。

ガキどもが走り回っててうるせーし。
というわけで結局、何をするわけでもなく食堂を後にした。

「どうする?」

「どうしよう?」

おれ達は部屋に着くなり相談しはじめた。
が、どうしても下心丸見えで、うまくいくとは思えない。
おれ達は酒を片手にしばらくの間頭を抱えていた。

どれくらいの時間が経ったか分からないが、それは突然起こった。

コンコン・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る