uploaded

少女のような弟と

弟とは9歳の歳の差があり二人とも父親が違います
私の父は私が小学生低学年の頃に母と離婚し現在は所在不明となっています
弟は母の再婚男性との子供でその父親も四年前に事故で亡くなっています
残された私たちもこんな事になっていますし母はよくよく男運の悪い女になってしまいました

弟の体の異変に気づいたのは弟の相談があったからでした
弟がまだ10歳位だったと思います(もっと小さかったかも知れません)
弟が私の部屋にきて私に教えてほしい事があると言うのでした・・・それは・・・

「お兄ちゃん・・・ 僕にはおちんちんしかないんだけど・・・」
と、いうものでした
聞けば郊外授業で泊まった施設の風呂で友達にそれを指摘されてからずっと悩んでいたようでした
半信半疑でしたが兎に角確かめなければと思い顔を赤らめてたたずむ弟のハーパンとブリーフを下げると
かわいい包茎のちんちんが露出しましたがやはり睾丸の袋がないように見えましたので
ちんちんを摘んで持ち上げて確認したところそこには縦に皺が一本あるだけで睾丸は見当たらなかったのです
ちんちんを左手に持ち替え右手で何度も本来あるべき場所を丹念に探ってみましたがありませんでした

弟は幼児の頃から女の子のようだと周囲からかわいがられていて色も白く華奢で顔立ちも年齢とともに
少女の様相を漂わせるようになっていましたが原因はここにあったのか、と納得した出来事でした
でも、その時にちょっとした異変があったのです
摘んでいた弟のちんちんがいつの間にか固くなっていることに気がつきました
「ん?」 もしや「勃起?」そう思って柔らかな感触の白い皮で包まれた亀頭をそっと揉んでみみると
それは益々硬くなり反り返ろうと反発力さえ感じるほどになったのです

「おにいちゃん・・・ なに?」と更に恥ずかしさで顔を赤らめた弟が辛そうに顔を歪めましたが私は止めませんでした
それは弟の包茎のピンクの皮の先から透明な液体が流れ出していたからです
「確かめたい」と思いました
もしこのまま射精まで逝かせられれば睾丸は体内に存在していて生殖能力がある証明になると考えました
(年齢的に射精が可能かどうかはわかりませんでしたが・・・)
「・・おにいちゃん・・・もういいよ、もういいよ・・・」
そう繰り返しながら私の指を押さえようとしましたが
私は訊かずに続けていると透明な液体は糸を引きながら私の手の平を流れ落ちる程に溢れだし
強い滑りはまるで何かのローションを思わせるほどでした
それからも暫く続けましたが透明な液体を流し小刻みに体を痙攣させ始めて辛そうな弟の姿をみて
その日はそれで終わりにしたのでした(後に聞けば強い快感を感じていたのだそうです)

そんな事があってから私に対する弟の雰囲気にはっきりとした変化があらわれたのです
リビングで私がテレビを見ていると私に体を寄せるように座り時折、頭を私の肩にもたげたり
部屋のベッドに座ってゲームをしていると横に座って覗き込むように擦りよってきました
そんな時、何気に弟が私の太ももに手を乗せたりすると私もなぜか上ずってしまい
「おめえ、ちけえよ!」などと押し退けたりもしましたが
その時に見せた弟の顔は頬を薄く赤くし尖らせた唇はまさに女の子そのものに見えたものです

私には彼女がおらず・・・いえ、正直に言えば「童貞」でした
当時もうすぐ二十歳になろうかという年齢であり恥ずかしい話ではありましたが
未だ女を知らず毎日のように自慰をしてストレスを解消させていたのです
それまではPC動画が相手でしたがいつしか妄想の相手は少女のような弟に代わって行ったのでした

あの夜、ハーパンを膝まで下げ、ちんちんを揉まれて快感に震えながら佇む弟の姿が
自慰でクライマックスを迎える時の自分と交互にオーバラップし
架空の女性との妄想セックスでは味わえない強烈な興奮と射精の快感を感じていたものです
なにしろ相手は現実にすぐ隣の部屋で寝ている弟でしたから

弟は6年生になった夏休みにそれはおきました

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
少女のような弟と

弟とは9歳の歳の差があり二人とも父親が違います
私の父は私が小学生低学年の頃に母と離婚し現在は所在不明となっています
弟は母の再婚男性との子供でその父親も四年前に事故で亡くなっています
残された私たちもこんな事になっていますし母はよくよく男運の悪い女になってしまいました

弟の体の異変に気づいたのは弟の相談があったからでした
弟がまだ10歳位だったと思います(もっと小さかったかも知れません)
弟が私の部屋にきて私に教えてほしい事があると言うのでした・・・それは・・・

「お兄ちゃん・・・ 僕にはおちんちんしかないんだけど・・・」
と、いうものでした
聞けば郊外授業で泊まった施設の風呂で友達にそれを指摘されてからずっと悩んでいたようでした
半信半疑でしたが兎に角確かめなければと思い顔を赤らめてたたずむ弟のハーパンとブリーフを下げると
かわいい包茎のちんちんが露出しましたがやはり睾丸の袋がないように見えましたので
ちんちんを摘んで持ち上げて確認したところそこには縦に皺が一本あるだけで睾丸は見当たらなかったのです
ちんちんを左手に持ち替え右手で何度も本来あるべき場所を丹念に探ってみましたがありませんでした

弟は幼児の頃から女の子のようだと周囲からかわいがられていて色も白く華奢で顔立ちも年齢とともに
少女の様相を漂わせるようになっていましたが原因はここにあったのか、と納得した出来事でした
でも、その時にちょっとした異変があったのです
摘んでいた弟のちんちんがいつの間にか固くなっていることに気がつきました
「ん?」 もしや「勃起?」そう思って柔らかな感触の白い皮で包まれた亀頭をそっと揉んでみみると
それは益々硬くなり反り返ろうと反発力さえ感じるほどになったのです

「おにいちゃん・・・ なに?」と更に恥ずかしさで顔を赤らめた弟が辛そうに顔を歪めましたが私は止めませんでした
それは弟の包茎のピンクの皮の先から透明な液体が流れ出していたからです
「確かめたい」と思いました
もしこのまま射精まで逝かせられれば睾丸は体内に存在していて生殖能力がある証明になると考えました
(年齢的に射精が可能かどうかはわかりませんでしたが・・・)
「・・おにいちゃん・・・もういいよ、もういいよ・・・」
そう繰り返しながら私の指を押さえようとしましたが
私は訊かずに続けていると透明な液体は糸を引きながら私の手の平を流れ落ちる程に溢れだし
強い滑りはまるで何かのローションを思わせるほどでした
それからも暫く続けましたが透明な液体を流し小刻みに体を痙攣させ始めて辛そうな弟の姿をみて
その日はそれで終わりにしたのでした(後に聞けば強い快感を感じていたのだそうです)

そんな事があってから私に対する弟の雰囲気にはっきりとした変化があらわれたのです
リビングで私がテレビを見ていると私に体を寄せるように座り時折、頭を私の肩にもたげたり
部屋のベッドに座ってゲームをしていると横に座って覗き込むように擦りよってきました
そんな時、何気に弟が私の太ももに手を乗せたりすると私もなぜか上ずってしまい
「おめえ、ちけえよ!」などと押し退けたりもしましたが
その時に見せた弟の顔は頬を薄く赤くし尖らせた唇はまさに女の子そのものに見えたものです

私には彼女がおらず・・・いえ、正直に言えば「童貞」でした
当時もうすぐ二十歳になろうかという年齢であり恥ずかしい話ではありましたが
未だ女を知らず毎日のように自慰をしてストレスを解消させていたのです
それまではPC動画が相手でしたがいつしか妄想の相手は少女のような弟に代わって行ったのでした

あの夜、ハーパンを膝まで下げ、ちんちんを揉まれて快感に震えながら佇む弟の姿が
自慰でクライマックスを迎える時の自分と交互にオーバラップし
架空の女性との妄想セックスでは味わえない強烈な興奮と射精の快感を感じていたものです
なにしろ相手は現実にすぐ隣の部屋で寝ている弟でしたから

弟は6年生になった夏休みにそれはおきました

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る