uploaded

コンビニで。包丁を持った男「金を出せ!」店員『俺にケンカ売るってことはそれなりの覚悟あるんやろうな?』男「えっ」店員『実はオレ・・・』 → 結果wwwww

以前深夜コンビニでバイトしていたとき、3時をすぎたころニット帽、マスク、サングラスという 
いかにもな風貌のお客がきた。そいつは店内をフラフラみまわったあと、案の定俺に包丁をむけて「金を出せ」と言ってきた。 
俺はその瞬間包丁はフカシだ、刺すことはできないさ、と思い強盗に対して強気な態度ででた。 
俺「おい、テメー誰にむかってエモノむけてンだ?俺にケンカ売るってことはそれなりの覚悟あるんやろうな?」 
強盗、予想外の反応だったのか一瞬たじろぐ

俺「俺はこのへんまとめてる鬼族っつー暴走族の副隊長よ。そんでも俺にケンカ売りつづけるべか?」
俺は大好きな加瀬あつし作品のイントネーションをまねて、ホラをふきまくった・・・

もっとも現実の俺はしがないフリーター20歳。髪は黒髪でまゆげもボサボサ。ヤツはそれを見抜いたのか、
強盗「おめぇ、ウソついてんじゃろが?暴走族にみえんわ」(補則だが強盗は推定50歳のオヤジ)
俺「ほーぅ、信じられねーかヨ?なら今からツレ集めっから待ってろよ」
俺はケータイをだして仲間を呼ぶふりの電話をした。いや、電話をするふりをしてた。
俺「オウ、俺だけどよ、うちのバイト先わかんべ?シャバイやつきてっから仲間あつめてきてよ」

しかし、ここで想定の範囲外のことがおこりだした…

ふと強盗オヤジを見るとなんと包丁をかばんにしまい、ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤとあきらかに俺のフカシをあざ笑う態度。
オヤジ「俺まってるからはやくそのボーソー族あつめてよ(・∀・)」
これは、ヤバイ!このオヤジ、強盗より俺の恥ずかしいウソを公にしようと目的チェンジしやがった!
俺は3〜4人に電話をかけたふりをしてオヤジとの無言の空間が始まった。オヤジは相変わらず(・∀・)こうだった。
15分はたっただろうか…俺はもう恥ずかしいのなんかかまわない、本性だして
警察に泣きつこうかと思っていた。するとそのとき、外から爆音マフラーの音が!
集まったのはセルシオ、セドリックのVIP車2台!俺もオヤジも唖然…!

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
コンビニで。包丁を持った男「金を出せ!」店員『俺にケンカ売るってことはそれなりの覚悟あるんやろうな?』男「えっ」店員『実はオレ・・・』 → 結果wwwww

以前深夜コンビニでバイトしていたとき、3時をすぎたころニット帽、マスク、サングラスという 
いかにもな風貌のお客がきた。そいつは店内をフラフラみまわったあと、案の定俺に包丁をむけて「金を出せ」と言ってきた。 
俺はその瞬間包丁はフカシだ、刺すことはできないさ、と思い強盗に対して強気な態度ででた。 
俺「おい、テメー誰にむかってエモノむけてンだ?俺にケンカ売るってことはそれなりの覚悟あるんやろうな?」 
強盗、予想外の反応だったのか一瞬たじろぐ

俺「俺はこのへんまとめてる鬼族っつー暴走族の副隊長よ。そんでも俺にケンカ売りつづけるべか?」
俺は大好きな加瀬あつし作品のイントネーションをまねて、ホラをふきまくった・・・

もっとも現実の俺はしがないフリーター20歳。髪は黒髪でまゆげもボサボサ。ヤツはそれを見抜いたのか、
強盗「おめぇ、ウソついてんじゃろが?暴走族にみえんわ」(補則だが強盗は推定50歳のオヤジ)
俺「ほーぅ、信じられねーかヨ?なら今からツレ集めっから待ってろよ」
俺はケータイをだして仲間を呼ぶふりの電話をした。いや、電話をするふりをしてた。
俺「オウ、俺だけどよ、うちのバイト先わかんべ?シャバイやつきてっから仲間あつめてきてよ」

しかし、ここで想定の範囲外のことがおこりだした…

ふと強盗オヤジを見るとなんと包丁をかばんにしまい、ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤとあきらかに俺のフカシをあざ笑う態度。
オヤジ「俺まってるからはやくそのボーソー族あつめてよ(・∀・)」
これは、ヤバイ!このオヤジ、強盗より俺の恥ずかしいウソを公にしようと目的チェンジしやがった!
俺は3〜4人に電話をかけたふりをしてオヤジとの無言の空間が始まった。オヤジは相変わらず(・∀・)こうだった。
15分はたっただろうか…俺はもう恥ずかしいのなんかかまわない、本性だして
警察に泣きつこうかと思っていた。するとそのとき、外から爆音マフラーの音が!
集まったのはセルシオ、セドリックのVIP車2台!俺もオヤジも唖然…!

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る