uploaded

娘のボーイフレンドと

昨夏、夏休みのある日の午後のこと、高三の娘の同級生、特定の彼氏ではなく、以前から男女4、5人でよく集まる仲の良いグループの一人が訪ねてきた時のことです。
 これまで、一人で来たことはなかったのですが、その日は、近くまで来たので、娘にも声だけかけるつもりだったようです。娘は補習があって、夕方まで帰りません。
 「あら、奈々はまだ学校よ。吉田君は補習ないの?」
 「あっ、そうか。僕、理系だから。すいません。帰ります」
私は、せっかくだからとひきとめて、お茶を飲んでいくように勧めました。正直なところ、かねてから彼には好感を持っていて、その時は気持ちの高揚があったのも確かです。リビングで、主に受験の話を一時間程したでしょうか。
 「そろそろ帰ります。今日はすいませんでした」吉田君は、ソファから立ちました。その後すぐ立った私との間が
狭すぎたのでしょうか。私たちの体は拳一つ分もない間を置き、見つめ合う状況になっていました。
 「あっ、ごめんね」
私が身をそらそうとしたことで、体は触れ合い、一瞬目が合った次の瞬間

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
娘のボーイフレンドと

昨夏、夏休みのある日の午後のこと、高三の娘の同級生、特定の彼氏ではなく、以前から男女4、5人でよく集まる仲の良いグループの一人が訪ねてきた時のことです。
 これまで、一人で来たことはなかったのですが、その日は、近くまで来たので、娘にも声だけかけるつもりだったようです。娘は補習があって、夕方まで帰りません。
 「あら、奈々はまだ学校よ。吉田君は補習ないの?」
 「あっ、そうか。僕、理系だから。すいません。帰ります」
私は、せっかくだからとひきとめて、お茶を飲んでいくように勧めました。正直なところ、かねてから彼には好感を持っていて、その時は気持ちの高揚があったのも確かです。リビングで、主に受験の話を一時間程したでしょうか。
 「そろそろ帰ります。今日はすいませんでした」吉田君は、ソファから立ちました。その後すぐ立った私との間が
狭すぎたのでしょうか。私たちの体は拳一つ分もない間を置き、見つめ合う状況になっていました。
 「あっ、ごめんね」
私が身をそらそうとしたことで、体は触れ合い、一瞬目が合った次の瞬間

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る