uploaded

【復讐】家事が完璧で電話で嫌味満載のトメ→コトメはダラダラなのに何も言わない→トメの携帯の私とコトメの名前を入れ替えた結果…

電話で嫌味満載のトメにしたDQN。

トメは嫌味満載。
トメは家事はキッチリ。
いつお客が来ても大丈夫な状態だけど、お客が来たら散らかるという理由で他人は家に入れない。
私は普通。
とりあえず、どこに物があるか決まっててたいていそこにある程度。
来客ある時は気合い入れてる。
コトメはダラダラ。
一カ月以上前から来客予定を告げても対応出来ない散らかりよう。
来客前日になって「カタヅケタスケテ」コールがある。

トメは私には、家事がキッチリできてないと自分レベルの家事を要求する。
キッチリ家事をやれというだけなら良いけれど、
「ほんとおうちでどんな躾けを受けたのかしらね?」
と遠まわしに私の実母もこき下ろす。
なのにコトメについては何も言わない。
言わないどころか
「コトメちゃんは苦労してるから」(略奪デキ婚)
「あの子は可哀そうなのよ」(略奪した夫は浮気症)
「ちゃんと助けてあげてね」
と言った舌の根も乾かぬうちに
「嫁子さんが手伝いすぎるからコトメちゃんが自分で出来なくなっちゃったんでしょ」
なら私が手伝わずにいると
「嫁が小姑をイビるの」
とトメラブのウトに告げ口。
それを真に受けたウトがドヤ顔で
「嫁子さん、嫁姑というのはなさぬ仲とはいえな、お互い歩み寄って・・・」
と言ってくるのもウザい。
コトメは私が手伝って当然だと思ってる。
夫は義実家を諌めてくれるけど、ちょうど激務の頃だったのでこれ以上煩わせたくなかった。

毎日朝昼晩、家事がキッチリ出来てるかの確認電話と嫌味を言ってくるトメの携帯に悪戯した。
こっそりトメ携帯に入ってる私とコトメの名前を入れ替えた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【復讐】家事が完璧で電話で嫌味満載のトメ→コトメはダラダラなのに何も言わない→トメの携帯の私とコトメの名前を入れ替えた結果…

電話で嫌味満載のトメにしたDQN。

トメは嫌味満載。
トメは家事はキッチリ。
いつお客が来ても大丈夫な状態だけど、お客が来たら散らかるという理由で他人は家に入れない。
私は普通。
とりあえず、どこに物があるか決まっててたいていそこにある程度。
来客ある時は気合い入れてる。
コトメはダラダラ。
一カ月以上前から来客予定を告げても対応出来ない散らかりよう。
来客前日になって「カタヅケタスケテ」コールがある。

トメは私には、家事がキッチリできてないと自分レベルの家事を要求する。
キッチリ家事をやれというだけなら良いけれど、
「ほんとおうちでどんな躾けを受けたのかしらね?」
と遠まわしに私の実母もこき下ろす。
なのにコトメについては何も言わない。
言わないどころか
「コトメちゃんは苦労してるから」(略奪デキ婚)
「あの子は可哀そうなのよ」(略奪した夫は浮気症)
「ちゃんと助けてあげてね」
と言った舌の根も乾かぬうちに
「嫁子さんが手伝いすぎるからコトメちゃんが自分で出来なくなっちゃったんでしょ」
なら私が手伝わずにいると
「嫁が小姑をイビるの」
とトメラブのウトに告げ口。
それを真に受けたウトがドヤ顔で
「嫁子さん、嫁姑というのはなさぬ仲とはいえな、お互い歩み寄って・・・」
と言ってくるのもウザい。
コトメは私が手伝って当然だと思ってる。
夫は義実家を諌めてくれるけど、ちょうど激務の頃だったのでこれ以上煩わせたくなかった。

毎日朝昼晩、家事がキッチリ出来てるかの確認電話と嫌味を言ってくるトメの携帯に悪戯した。
こっそりトメ携帯に入ってる私とコトメの名前を入れ替えた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る