uploaded

海外出張で、南アフリカへ。白人タクシー運転手『そこへは行けない』俺「アジア人をナメとるな」ムリヤリ車を走らせた結果…

以前務めていた会社は
海外の取引先が多かった。

自分は国内の取引先を担当しており、
海外出張には無縁であった。
が、どうしても人員が不足し、
一度だけ海外出張してくれ、となった。

「仕事でまた海外旅行に行ける」
なんて甘い考えをこの時は持っていました。

で、場所はというと、
取引先はロンドンにある企業であったが、
向こうの担当者が出張中であり、
その出張先で落ち合う段取りとなっていた。

なんと、その場所とは南アフリカはヨハネスブルグ。
「リアル北斗の拳」「強盗遭遇率150%」
「赤信号でも停まってはいけない街」

と、今ならヨハネスブルグの危険な情報は
ネット等で簡単に手に入る。
しかし、当時(1994年でした)はネットも普及してなく、
観光ガイドブックぐらいしか情報源がなかったのである。

それも、南アフリカとなると行く人が少ないからか、
ガイドブックが少ない。

ようやく見つけた1冊を見ても、
ヨハネスブルグについては
あまり書いていなかった。

後で知ったのだが、
あまりに危険で観光に向いてないかららしい。
まぁ、とにかく前情報をあまり得ることが出来ず出発。

クアラルンプール経由で
ヨハネスブルグ国際空港に降り立つ。
空港を出、サントン地区という
白人居住地区へ向かい、仕事をこなす。

なんと、初日で商談が成立してしまい、
残り2日間が暇になってしまった。

とりあえずその日は宿へチェックインし、
明日以降の計画をたてるべく、
宿の主人に相談してみた。

帰ってきた答えは
「この地区の外へは出るな。
本当はこの宿から1歩も出ないのが理想だ」
というもの。

主人は「危ない」を連呼していたが
「海外は危なくて当然」と、
自分の物差しで測った
「危なさ」ぐらいだろうと高を括っていた。

そして、変な怖いもの見たさみたいなのも手伝い、
「よし、明日はこの街を探検するぞ」と決心し床についた。

そして、次の日の朝、宿の前でタクシーを拾い、
目的地を地図で見た適当な地名を告げた。

すると、白人の運転手は
「そこへは行けない」と言う。
「アジア人だからナメとるな」と思った。

その当時アパルトヘイトが廃止された直後であり、
初日から白人の横柄さが目立っていたのだ。

「ダメだ行け」というと運転手は泣きそうな顔になり
「お願いします。途中までは行きますから」と言った。

ただ単にナメられてただけだと思っていたので、
運転手のその反応は意外であった。

なんか可哀想になったので
「じゃあ途中までで良いよ」と告げた。
車は綺麗な建物が並ぶサントン地区を抜けた。

その途端、周りの建物が豹変する。
汚く、壊れた建物が多くなった。

歩いてる人達も白人から黒人に変わった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
海外出張で、南アフリカへ。白人タクシー運転手『そこへは行けない』俺「アジア人をナメとるな」ムリヤリ車を走らせた結果…

以前務めていた会社は
海外の取引先が多かった。

自分は国内の取引先を担当しており、
海外出張には無縁であった。
が、どうしても人員が不足し、
一度だけ海外出張してくれ、となった。

「仕事でまた海外旅行に行ける」
なんて甘い考えをこの時は持っていました。

で、場所はというと、
取引先はロンドンにある企業であったが、
向こうの担当者が出張中であり、
その出張先で落ち合う段取りとなっていた。

なんと、その場所とは南アフリカはヨハネスブルグ。
「リアル北斗の拳」「強盗遭遇率150%」
「赤信号でも停まってはいけない街」

と、今ならヨハネスブルグの危険な情報は
ネット等で簡単に手に入る。
しかし、当時(1994年でした)はネットも普及してなく、
観光ガイドブックぐらいしか情報源がなかったのである。

それも、南アフリカとなると行く人が少ないからか、
ガイドブックが少ない。

ようやく見つけた1冊を見ても、
ヨハネスブルグについては
あまり書いていなかった。

後で知ったのだが、
あまりに危険で観光に向いてないかららしい。
まぁ、とにかく前情報をあまり得ることが出来ず出発。

クアラルンプール経由で
ヨハネスブルグ国際空港に降り立つ。
空港を出、サントン地区という
白人居住地区へ向かい、仕事をこなす。

なんと、初日で商談が成立してしまい、
残り2日間が暇になってしまった。

とりあえずその日は宿へチェックインし、
明日以降の計画をたてるべく、
宿の主人に相談してみた。

帰ってきた答えは
「この地区の外へは出るな。
本当はこの宿から1歩も出ないのが理想だ」
というもの。

主人は「危ない」を連呼していたが
「海外は危なくて当然」と、
自分の物差しで測った
「危なさ」ぐらいだろうと高を括っていた。

そして、変な怖いもの見たさみたいなのも手伝い、
「よし、明日はこの街を探検するぞ」と決心し床についた。

そして、次の日の朝、宿の前でタクシーを拾い、
目的地を地図で見た適当な地名を告げた。

すると、白人の運転手は
「そこへは行けない」と言う。
「アジア人だからナメとるな」と思った。

その当時アパルトヘイトが廃止された直後であり、
初日から白人の横柄さが目立っていたのだ。

「ダメだ行け」というと運転手は泣きそうな顔になり
「お願いします。途中までは行きますから」と言った。

ただ単にナメられてただけだと思っていたので、
運転手のその反応は意外であった。

なんか可哀想になったので
「じゃあ途中までで良いよ」と告げた。
車は綺麗な建物が並ぶサントン地区を抜けた。

その途端、周りの建物が豹変する。
汚く、壊れた建物が多くなった。

歩いてる人達も白人から黒人に変わった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る