uploaded

【衝撃】自分『向かいのアパートの人、1週間も洗濯物干しっぱなしだな』よーく見てみると、ヤバイことに気づいた!→結果・・・・・

閲覧注意です

もう2~3年前の話なんだが、
俺は仕事の関係で都内のアパートに引っ越すことになった
古めだが部屋も広いし家賃も安かったんで
速攻契約して荷物を移すことにした

元々住んでいたアパートから車でいける距離だったので、
ちょくちょく荷物を運んで引越し代を節約する作戦にした。

本とか作業用の折りたたみテーブルとか
趣味のグッズをまず新居に移すことにして、
大家からもらっていた鍵で初めてひとりで
(賃貸業者と一緒に下見に来たことはあった)部屋に入った

その部屋にはちょっと大きめのベランダがついていて
(それもこの物件を選んだ理由の一つだった)
荷物を置いたらさっそくベランダに出て外の景色を見てみた

ベランダからの景色はほとんどお向かいに立っている
別のアパートしか見えない状態
でも屋根の高さは同じようなものだったので日光は問題ないし、
ベランダは洗濯と趣味のガーデニング用だったので
そこはさしたる問題ではなかった

ちなみに、向かいのアパートとは結構離れている
(距離としては小さめの公園一個分くらいだったかな)

で、向かい合わせにベランダがある状態なので
カーテンなしだとお向かいの生活が丸見えなんだよ
向こうの間取りは知らんけど
こっちはワンルームだからほんとに全部丸見え状態

こりゃ厚めのカーテン買わんといかんな、
とか思いつつお向かいの部屋を観察してみた

お向かいには洗濯物が干してあった
といっても下着と靴下とタオル何枚かが
ピンチハンガーにぶら下がってるだけだった
それを見て、俺は
「ああ、お向かいはおっさんが住んでいるんだな」
と予想していた

カーテンがしまっていて中は見えなかったし、
その日は特に気にせず荷物置いてそのまま帰った

書き忘れたが、俺のアパートとお向かいのアパートには
ベランダの入口にシャッターがついている
なんでも留守にするときとかに閉めるものらしい

数日後、また時間が出来たので
荷物をもう少し運び込むことにした

その際部屋のキズや破損箇所を記録しておく為に
デジタルカメラを持っていった
古いだけあって壁は画鋲のあとだらけで
ひどいところは壁に小さな穴があいている
俺は細かくチェックして写真を撮り、
破損箇所を賃貸業者に渡されていた書類に書き込んでいった

季節は初夏だったので、外ではセミがうるさく鳴いていた

作業がひと段落したのでベランダに出て
どこに何の植物を置くかとか考えていた
だいたい午後4時とかそのくらいの、
まだ全然明るい時間だったと思う

ふと、向かいのアパートに目を向けると、
おかしいことに気がついた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【衝撃】自分『向かいのアパートの人、1週間も洗濯物干しっぱなしだな』よーく見てみると、ヤバイことに気づいた!→結果・・・・・

閲覧注意です

もう2~3年前の話なんだが、
俺は仕事の関係で都内のアパートに引っ越すことになった
古めだが部屋も広いし家賃も安かったんで
速攻契約して荷物を移すことにした

元々住んでいたアパートから車でいける距離だったので、
ちょくちょく荷物を運んで引越し代を節約する作戦にした。

本とか作業用の折りたたみテーブルとか
趣味のグッズをまず新居に移すことにして、
大家からもらっていた鍵で初めてひとりで
(賃貸業者と一緒に下見に来たことはあった)部屋に入った

その部屋にはちょっと大きめのベランダがついていて
(それもこの物件を選んだ理由の一つだった)
荷物を置いたらさっそくベランダに出て外の景色を見てみた

ベランダからの景色はほとんどお向かいに立っている
別のアパートしか見えない状態
でも屋根の高さは同じようなものだったので日光は問題ないし、
ベランダは洗濯と趣味のガーデニング用だったので
そこはさしたる問題ではなかった

ちなみに、向かいのアパートとは結構離れている
(距離としては小さめの公園一個分くらいだったかな)

で、向かい合わせにベランダがある状態なので
カーテンなしだとお向かいの生活が丸見えなんだよ
向こうの間取りは知らんけど
こっちはワンルームだからほんとに全部丸見え状態

こりゃ厚めのカーテン買わんといかんな、
とか思いつつお向かいの部屋を観察してみた

お向かいには洗濯物が干してあった
といっても下着と靴下とタオル何枚かが
ピンチハンガーにぶら下がってるだけだった
それを見て、俺は
「ああ、お向かいはおっさんが住んでいるんだな」
と予想していた

カーテンがしまっていて中は見えなかったし、
その日は特に気にせず荷物置いてそのまま帰った

書き忘れたが、俺のアパートとお向かいのアパートには
ベランダの入口にシャッターがついている
なんでも留守にするときとかに閉めるものらしい

数日後、また時間が出来たので
荷物をもう少し運び込むことにした

その際部屋のキズや破損箇所を記録しておく為に
デジタルカメラを持っていった
古いだけあって壁は画鋲のあとだらけで
ひどいところは壁に小さな穴があいている
俺は細かくチェックして写真を撮り、
破損箇所を賃貸業者に渡されていた書類に書き込んでいった

季節は初夏だったので、外ではセミがうるさく鳴いていた

作業がひと段落したのでベランダに出て
どこに何の植物を置くかとか考えていた
だいたい午後4時とかそのくらいの、
まだ全然明るい時間だったと思う

ふと、向かいのアパートに目を向けると、
おかしいことに気がついた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る