uploaded

私が作り置きした料理を、毎回全て一人で食べてしまう夫。へたりこんで泣いていると、夫『俺、食べ物のことで言い争うのって卑しい感じがして好きじゃないから』

もうすぐ2回目の結婚記念日。 
離婚したいという気持ちと、こんなことで?と思う気持ちとの間で揺れてる。 
共働きで、夫の強い希望により、 
夫の会社から車で5分、私の会社から40~50分の所に住んでるから、 
帰りは大抵私の方が遅くなってしまう。 
そんな中で、夫に料理のレパートリーや品数が少ないことを指摘されて始めた作り置きだけど、 
私が夜中や週末に作り置きした副菜のほとんどが、1~2日で夫に全て食べられてしまう。 
メインは調理前の状態で冷蔵or冷凍なので、調理しない夫は副菜だけで腹を満たそうとどんどん食べる。 
 
メインが冷蔵庫にあることを伝え、 
「グリルで5分」とか「フライパンで焼く」と分かりやすく書いておいても、 
ごはんをタイマーでセットしていっても、ムダだった。 
 
夫がやるのはレンジでチンすることだけ。 
ある日、米を2合も炊いていったのに、帰ったら何もなかったので驚いて聞くと、 
昼休みに会社から家に帰って食べたと言う。
 
作り置きを始めた日から、どんどん夫と夕食を共にする日は減っていった。 
私がどれだけ急いで帰っても、夫は先に食事を終えている。 
ある日、会社からくたくたになって帰宅したら、 
夫が全てを食べ尽くした後の、汚れた鍋やタッパーがシンクに山積みにされていた。 
その光景はよくある光景だったけど、疲れ切った私にはダメージが大きく、 
口論の末に台所の前にへたりこんで泣いた。 
多分、夫の前で泣いたのはこれが最後だと思う。 
そんな私に夫は、心底めんどくさそうな顔で言い放った。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
私が作り置きした料理を、毎回全て一人で食べてしまう夫。へたりこんで泣いていると、夫『俺、食べ物のことで言い争うのって卑しい感じがして好きじゃないから』
もうすぐ2回目の結婚記念日。 
離婚したいという気持ちと、こんなことで?と思う気持ちとの間で揺れてる。 
共働きで、夫の強い希望により、 
夫の会社から車で5分、私の会社から40~50分の所に住んでるから、 
帰りは大抵私の方が遅くなってしまう。 
そんな中で、夫に料理のレパートリーや品数が少ないことを指摘されて始めた作り置きだけど、 
私が夜中や週末に作り置きした副菜のほとんどが、1~2日で夫に全て食べられてしまう。 
メインは調理前の状態で冷蔵or冷凍なので、調理しない夫は副菜だけで腹を満たそうとどんどん食べる。 
 
メインが冷蔵庫にあることを伝え、 
「グリルで5分」とか「フライパンで焼く」と分かりやすく書いておいても、 
ごはんをタイマーでセットしていっても、ムダだった。 
 
夫がやるのはレンジでチンすることだけ。 
ある日、米を2合も炊いていったのに、帰ったら何もなかったので驚いて聞くと、 
昼休みに会社から家に帰って食べたと言う。
 
作り置きを始めた日から、どんどん夫と夕食を共にする日は減っていった。 
私がどれだけ急いで帰っても、夫は先に食事を終えている。 
ある日、会社からくたくたになって帰宅したら、 
夫が全てを食べ尽くした後の、汚れた鍋やタッパーがシンクに山積みにされていた。 
その光景はよくある光景だったけど、疲れ切った私にはダメージが大きく、 
口論の末に台所の前にへたりこんで泣いた。 
多分、夫の前で泣いたのはこれが最後だと思う。 
そんな私に夫は、心底めんどくさそうな顔で言い放った。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る