uploaded

【GJ!】社長の親父「お前らもこうしてやろうか!」と家族を恫喝 → 兄『こうですか?』『それともこうですか?』 → 親父が青くなって震えだした・・・

「ショベルカー_家_解体」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

 

うちのバカ親父の自慢は家庭内手工業+高齢作業員がいる程度の零細会社の社長の肩書き。 
動乱の戦後を息抜き一代で会社の社長まで上り詰めた俺SuGeeeeeの自分age。 
しかし実際にはどんだけ家庭を犠牲にしたかなんてのは(∩゚д゚)アーアーキコエナイ 
その実、ことあるごとに怒鳴り、手近な物を破壊し、ヒスを起こし、 
聞こえよがしなモラハラ独り言を繰り返すだけの純然たる小物。

うちの兄貴は近所の子や犬猫にまで好かれるほど優しい人で、
そんな親父や家業を見捨てず大学への進学を諦め資格まで取って家業を手伝い
妹の私には進学・就職・結婚の時には親父の手が届かない遠方への脱出を勧め、
絶対に娘に金なんか出さないバカ親父に隠れて援助してくれた。
そんな兄貴をバカ親父はクズ扱い。兄貴はいわゆる適齢期を過ぎているが
経済的に危うい家業な上、「早く結婚して嫁さんにこの仕事を手伝わせろ」と言う
このバカがいる限り結婚なんかできない・・・と独り身のまま。

ある日、所用で実家の事務所に顔を出したら親父が絶賛ヒス中。
何が気に食わなかったのか、「俺の言う事を聞いていればいいんだ!」と手近の物
(と言っても灰皿とか空き缶とかの片付けやすい物ばかり)を壁に投げつけ
「お前らもこうしてやろうか!」と私を含む家族を恫喝し始めた。
すると、兄貴が表情も変えずに「こうですか?」と言いながら親父の自慢()の
お手盛りゴルフ大会のトロフィーやら大事な大事な高い酒(を何十年も大事に大事に
飲まずに飾っておいた腐れ酒)の入っている戸棚をおもむろにひっくり返した。

続けて「それともこうですか?」と言いながら
何十年も使われてボロボロの事務机を抱え上げ、親父の足を乗せるしか能のない
無駄に高価な社長用デスクと椅子に叩き付けたり、ロッカーを倒したり。
憤怒でも笑顔でもない平静な、あるいは無表情とも言える顔のまま
破壊を続けた。私はと言えば初めて目にする暴れる兄貴を見ながら
「わー。でんわってこわれるとひばなとけむりがでるのねー」なんて現実逃避。
親父はいつもの威勢も忘れ腰を抜かして青くなって震えてた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【GJ!】社長の親父「お前らもこうしてやろうか!」と家族を恫喝 → 兄『こうですか?』『それともこうですか?』 → 親父が青くなって震えだした・・・

「ショベルカー_家_解体」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

 

うちのバカ親父の自慢は家庭内手工業+高齢作業員がいる程度の零細会社の社長の肩書き。 
動乱の戦後を息抜き一代で会社の社長まで上り詰めた俺SuGeeeeeの自分age。 
しかし実際にはどんだけ家庭を犠牲にしたかなんてのは(∩゚д゚)アーアーキコエナイ 
その実、ことあるごとに怒鳴り、手近な物を破壊し、ヒスを起こし、 
聞こえよがしなモラハラ独り言を繰り返すだけの純然たる小物。

うちの兄貴は近所の子や犬猫にまで好かれるほど優しい人で、
そんな親父や家業を見捨てず大学への進学を諦め資格まで取って家業を手伝い
妹の私には進学・就職・結婚の時には親父の手が届かない遠方への脱出を勧め、
絶対に娘に金なんか出さないバカ親父に隠れて援助してくれた。
そんな兄貴をバカ親父はクズ扱い。兄貴はいわゆる適齢期を過ぎているが
経済的に危うい家業な上、「早く結婚して嫁さんにこの仕事を手伝わせろ」と言う
このバカがいる限り結婚なんかできない・・・と独り身のまま。

ある日、所用で実家の事務所に顔を出したら親父が絶賛ヒス中。
何が気に食わなかったのか、「俺の言う事を聞いていればいいんだ!」と手近の物
(と言っても灰皿とか空き缶とかの片付けやすい物ばかり)を壁に投げつけ
「お前らもこうしてやろうか!」と私を含む家族を恫喝し始めた。
すると、兄貴が表情も変えずに「こうですか?」と言いながら親父の自慢()の
お手盛りゴルフ大会のトロフィーやら大事な大事な高い酒(を何十年も大事に大事に
飲まずに飾っておいた腐れ酒)の入っている戸棚をおもむろにひっくり返した。

続けて「それともこうですか?」と言いながら
何十年も使われてボロボロの事務机を抱え上げ、親父の足を乗せるしか能のない
無駄に高価な社長用デスクと椅子に叩き付けたり、ロッカーを倒したり。
憤怒でも笑顔でもない平静な、あるいは無表情とも言える顔のまま
破壊を続けた。私はと言えば初めて目にする暴れる兄貴を見ながら
「わー。でんわってこわれるとひばなとけむりがでるのねー」なんて現実逃避。
親父はいつもの威勢も忘れ腰を抜かして青くなって震えてた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る