uploaded

好きな人に振られて落ち込んでいたところ美女に助けられた。その美女と結婚前提に付き合ったのだが・・・。暇潰しとは思えないほどの修羅場で・・・。

長文です

大学卒業と共に三年付き合った彼女に振られた。
他に好きな男が出来たから。
結婚を考えていた俺は落ち込んだ。そりゃもう飛び降りるんじゃないかと周りを心配させるくらいに。
そんな俺に優しい言葉を掛けてくれたのが配属先にいた女の子。高卒の彼女は俺よりも歳下だけど、一応会社では先輩。

仮名で凛子としよう。
凛子はちょっと洒落にならない位可愛かった。石原さとみを更に可愛くした感じ。
それに愛想も良かった。何しろ振られた事を引きずっていた暗さ満点の俺の事をあの手この手で元気付けようとしてくれていたから。
勿論社内ではもてた。もてまくってた。
だけど、俺はそれでも中々元カノの亡霊から立ち直ることが出来ないでいた。

凛子は確かに可愛いけれど、俺は彼女の事をそう思う余裕すらなかった。加えてややネガティヴな俺は美人は信用できない、という思いから、中々凛子に心を開くことも出来なかった。
だけと入社して半年経った頃、上司に「最近のお前、表情明るくなったよな。いい笑顔してるよ」と言われ、愕然とした。陰気くせえ、と言われる事はあっても、笑顔がいい、なんて生まれてこの方言われた事が無かったから。
そしてこうも言われた。「凛子に感謝しろよ」
その時初めて彼女の事を一人の女として見ることが出来た。これがすべての始まりだったんだ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
好きな人に振られて落ち込んでいたところ美女に助けられた。その美女と結婚前提に付き合ったのだが・・・。暇潰しとは思えないほどの修羅場で・・・。

長文です

大学卒業と共に三年付き合った彼女に振られた。
他に好きな男が出来たから。
結婚を考えていた俺は落ち込んだ。そりゃもう飛び降りるんじゃないかと周りを心配させるくらいに。
そんな俺に優しい言葉を掛けてくれたのが配属先にいた女の子。高卒の彼女は俺よりも歳下だけど、一応会社では先輩。

仮名で凛子としよう。
凛子はちょっと洒落にならない位可愛かった。石原さとみを更に可愛くした感じ。
それに愛想も良かった。何しろ振られた事を引きずっていた暗さ満点の俺の事をあの手この手で元気付けようとしてくれていたから。
勿論社内ではもてた。もてまくってた。
だけど、俺はそれでも中々元カノの亡霊から立ち直ることが出来ないでいた。

凛子は確かに可愛いけれど、俺は彼女の事をそう思う余裕すらなかった。加えてややネガティヴな俺は美人は信用できない、という思いから、中々凛子に心を開くことも出来なかった。
だけと入社して半年経った頃、上司に「最近のお前、表情明るくなったよな。いい笑顔してるよ」と言われ、愕然とした。陰気くせえ、と言われる事はあっても、笑顔がいい、なんて生まれてこの方言われた事が無かったから。
そしてこうも言われた。「凛子に感謝しろよ」
その時初めて彼女の事を一人の女として見ることが出来た。これがすべての始まりだったんだ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る