uploaded

ある日帰宅したら空き巣のおっさんと鉢合わせしてしまい、ガリチビの私を見てニヤッと笑うおっさんに私の頭の中で何かが弾けた

空き巣に入られた時が衝撃だった

私はボロアパートの1階で一人暮らしをしていた
ある夢のために仕事を掛け持ちしてお金を貯めていた

ある日、夜勤明けで昼ごろ帰宅すると、室内に知らないおっさんがいた
おっさんは私を見てぎょっとしたが、すぐにニヤーとブッサイクに笑った
私が145センチ40キロ以下のガリチビだからどうとでもなると思ったんだろう

実際気弱で学生時代に幽霊ってあだ名付けられた事もある私は「終わった……殺される……」と震えているしかなかった
しかし、近寄ってくるおっさんの手に通帳と実印が握られているのを見た瞬間、頭の中で何かが弾けた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
ある日帰宅したら空き巣のおっさんと鉢合わせしてしまい、ガリチビの私を見てニヤッと笑うおっさんに私の頭の中で何かが弾けた

空き巣に入られた時が衝撃だった

私はボロアパートの1階で一人暮らしをしていた
ある夢のために仕事を掛け持ちしてお金を貯めていた

ある日、夜勤明けで昼ごろ帰宅すると、室内に知らないおっさんがいた
おっさんは私を見てぎょっとしたが、すぐにニヤーとブッサイクに笑った
私が145センチ40キロ以下のガリチビだからどうとでもなると思ったんだろう

実際気弱で学生時代に幽霊ってあだ名付けられた事もある私は「終わった……殺される……」と震えているしかなかった
しかし、近寄ってくるおっさんの手に通帳と実印が握られているのを見た瞬間、頭の中で何かが弾けた

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る