uploaded

当て逃げ

 車で出かけた帰りに信号待ちしていると、うしろから来た50CCのバイクがサイドミラーにぶつかったまま走り去ろうとした。バイクに乗っていたのは若い女だ。

 道路は渋滞していたから、逃げても車は追ってこれないと思ったのだろう。女の乗ったバイクはすぐに見えなくなったから、そのときは僕も逃げられたと思った。

 だが悪いことはできないものだ。1キロほど走ったところで、先ほどのバイクがコンビニの駐車場に停まっているのを見つけた。

 こんな目立つ場所に停めるとは随分バカにしている。それならこっちにも考えがある。駐車場に車を停め、待っていると女が出てきた。気づかれないようにあとをつける。

女が乗ったバイクは数百メートル先のワンルームマンションの駐車場に入った。
 路上に車を停め、エントランスを入ると女はエレベーターを待っていた。

「あのー、すいません」

 うしろから声をかけると、女は不審者を見るような目つきで振り返る。

「何でしょうか」
「さっきぶつかったよね」

 たちまち女の顔色が変わった。

「誰ですか」
「警察行こうか」

 女は強気に出たほうがいいと思ったようだが、こっちが大声を出すと、近所に聞こえるから部屋で話をしようと言い出した。

 彼女の部屋に入り、玄関で立ち話をした。女は顔が赤い。

「飲酒運転かよ」

 やっぱ警察呼ぼうかと言うと、それだけは許してと泣きついた。警察沙汰が困る事情でもあるのか。僕はここぞとばかりに追い込みをかける。

「飲酒で当て逃げしたらどうなるかわかってんの?」
「あの、どうすればいいですか」

 女はいまにも泣きそうだ。

「ミラーが壊れちゃったしね」
「弁償します。いくらですか」
「5万円」
「そんなに!」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
当て逃げ

 車で出かけた帰りに信号待ちしていると、うしろから来た50CCのバイクがサイドミラーにぶつかったまま走り去ろうとした。バイクに乗っていたのは若い女だ。

 道路は渋滞していたから、逃げても車は追ってこれないと思ったのだろう。女の乗ったバイクはすぐに見えなくなったから、そのときは僕も逃げられたと思った。

 だが悪いことはできないものだ。1キロほど走ったところで、先ほどのバイクがコンビニの駐車場に停まっているのを見つけた。

 こんな目立つ場所に停めるとは随分バカにしている。それならこっちにも考えがある。駐車場に車を停め、待っていると女が出てきた。気づかれないようにあとをつける。

女が乗ったバイクは数百メートル先のワンルームマンションの駐車場に入った。
 路上に車を停め、エントランスを入ると女はエレベーターを待っていた。

「あのー、すいません」

 うしろから声をかけると、女は不審者を見るような目つきで振り返る。

「何でしょうか」
「さっきぶつかったよね」

 たちまち女の顔色が変わった。

「誰ですか」
「警察行こうか」

 女は強気に出たほうがいいと思ったようだが、こっちが大声を出すと、近所に聞こえるから部屋で話をしようと言い出した。

 彼女の部屋に入り、玄関で立ち話をした。女は顔が赤い。

「飲酒運転かよ」

 やっぱ警察呼ぼうかと言うと、それだけは許してと泣きついた。警察沙汰が困る事情でもあるのか。僕はここぞとばかりに追い込みをかける。

「飲酒で当て逃げしたらどうなるかわかってんの?」
「あの、どうすればいいですか」

 女はいまにも泣きそうだ。

「ミラーが壊れちゃったしね」
「弁償します。いくらですか」
「5万円」
「そんなに!」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る