uploaded

【制裁】管理するマンションに、私をイジメてた女が入居!共用のゴミ箱で、ある物を見つけた私『復讐のチャンス!』→2年半後・・・・・

新卒で入社した会社で、
先輩女子社員に酷い目に遭わされた。
その先輩女性社員Kさんは、私の3歳上。
女優の南果歩に似たシジミ目。

とにかく仕事をしない人で、
協同でするはずの作業も八割以上は私に投げっぱなし。
あまりのハードワークに先輩社員に相談したら、
創業者一族の遠戚(コネ)だから、
我慢するしかないと諭され…

職して二年半で胃がやられ、腹膜炎を起こしかけて
電車で倒れて救急車搬送→緊急手術→入院。
自宅療養中にパニック障害
その他諸々の症状が出たので退職した。

うちは、祖父と兄が不動産屋を経営し、
父と姉が不動産管理会社をやっている。
私は、管理会社の方で働かせてもらうことにした。
その後、中学の同級生と26歳で結婚。
子供も2人産まれて、忙しいが平和な日々だったのだが……

私が30代なかばになった頃、
祖父の不動産会社が管理するマンションに
新規入居者が入ってきた。

あのKさんと旦那さんだった。

私が朝、共同集積所からマンションの前に
ゴミをえっちらおっちら運んでると、後ろから声。
「あら! 私さんじゃないの! あら、どうしたの?」
Kさんは、意地悪な笑みをニヤァーッと。

私が作業着を着て、ゴミを通りまで運んでるのを見て、
嬉しそうに
「あらあら、お仕事中なの?ご苦労様ね。
うちのゴミもお願いね。がんばってー」

二十代の頃の私だったら、その場で固まっていたか、
うろたえていたかもしれない。
しかし、私も子供を二人育てて、強くなっていた。

「おはようございまーす!
このマンションに引っ越してらしたんですねー!」
会社勤めだった時と大違いの、
私の大声にKさんは驚いていたようだった。

その後、会社時代の同僚に久々に連絡をとってみたところ、
Kさんが33歳の時に、会社はリストラを始め、
Kさんは社長から見合いを勧められて渋々承諾。
12歳年上の、同郷の男性と結婚して退職したのだという。
その時は「へー」と納得。
(3LDK中心で18万円/月の高級マンション)

管理会社の仕事には、エントランスや廊下の掃除がある。
Kさんの入居したマンションはオートロックで、
外にポスト、内側に取り出し口。
内側の取り出し口そばにはゴミ箱があり、
そこに不要のチラシなどを捨てられるようになっている。

ゴミ箱はそのまま捨ててもいいのだが、
一応、中を確かめることになっていた。
チラシにまぎれて、
重要な書類を捨ててしまう入居者さんもいるからだ。

ある日、ゴミ出しを終え、
そのポスト用ゴミ箱をチェックしていた時、
Kさん宛の封筒を見つけた。
子供を望む関係での専門のクリニックからのもの。
(ああ、Kさん、子供いないし。
もう30代後半だもんな)

私は(復讐のチャンスだ)と思った。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【制裁】管理するマンションに、私をイジメてた女が入居!共用のゴミ箱で、ある物を見つけた私『復讐のチャンス!』→2年半後・・・・・

新卒で入社した会社で、
先輩女子社員に酷い目に遭わされた。
その先輩女性社員Kさんは、私の3歳上。
女優の南果歩に似たシジミ目。

とにかく仕事をしない人で、
協同でするはずの作業も八割以上は私に投げっぱなし。
あまりのハードワークに先輩社員に相談したら、
創業者一族の遠戚(コネ)だから、
我慢するしかないと諭され…

職して二年半で胃がやられ、腹膜炎を起こしかけて
電車で倒れて救急車搬送→緊急手術→入院。
自宅療養中にパニック障害
その他諸々の症状が出たので退職した。

うちは、祖父と兄が不動産屋を経営し、
父と姉が不動産管理会社をやっている。
私は、管理会社の方で働かせてもらうことにした。
その後、中学の同級生と26歳で結婚。
子供も2人産まれて、忙しいが平和な日々だったのだが……

私が30代なかばになった頃、
祖父の不動産会社が管理するマンションに
新規入居者が入ってきた。

あのKさんと旦那さんだった。

私が朝、共同集積所からマンションの前に
ゴミをえっちらおっちら運んでると、後ろから声。
「あら! 私さんじゃないの! あら、どうしたの?」
Kさんは、意地悪な笑みをニヤァーッと。

私が作業着を着て、ゴミを通りまで運んでるのを見て、
嬉しそうに
「あらあら、お仕事中なの?ご苦労様ね。
うちのゴミもお願いね。がんばってー」

二十代の頃の私だったら、その場で固まっていたか、
うろたえていたかもしれない。
しかし、私も子供を二人育てて、強くなっていた。

「おはようございまーす!
このマンションに引っ越してらしたんですねー!」
会社勤めだった時と大違いの、
私の大声にKさんは驚いていたようだった。

その後、会社時代の同僚に久々に連絡をとってみたところ、
Kさんが33歳の時に、会社はリストラを始め、
Kさんは社長から見合いを勧められて渋々承諾。
12歳年上の、同郷の男性と結婚して退職したのだという。
その時は「へー」と納得。
(3LDK中心で18万円/月の高級マンション)

管理会社の仕事には、エントランスや廊下の掃除がある。
Kさんの入居したマンションはオートロックで、
外にポスト、内側に取り出し口。
内側の取り出し口そばにはゴミ箱があり、
そこに不要のチラシなどを捨てられるようになっている。

ゴミ箱はそのまま捨ててもいいのだが、
一応、中を確かめることになっていた。
チラシにまぎれて、
重要な書類を捨ててしまう入居者さんもいるからだ。

ある日、ゴミ出しを終え、
そのポスト用ゴミ箱をチェックしていた時、
Kさん宛の封筒を見つけた。
子供を望む関係での専門のクリニックからのもの。
(ああ、Kさん、子供いないし。
もう30代後半だもんな)

私は(復讐のチャンスだ)と思った。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る