uploaded

部屋に鍵をかけ、ヘッドホンを使用してDVD観賞→どこからともなく箱ティッシュが飛んできた!!

その日、僕は学校の授業が終わると

一目散に家に飛んで帰って来た。

「ただいま……ハァハァ」

学校からずっとダッシュしてきたので、

家に着いた頃には息が切れ切れだった。

「お帰りなさい、今日は早かったのね?」

「うん……まぁ」

いつもより早く帰ったので、

母親が訝しんでいたが、

今はそんなことはどうでもいい。

僕は手洗い、うがいをし、

喉を潤すためにコップに三杯のジュースを

飲み干してからその時が来るのを待った。

(そろそろか……)

僕は、壁に掛かった時計に目をやってそう思った。

「散歩に行ってくるね」
「行ってらっしゃい(キタ……!)」

今は、夕方の五時。

母は、これから一時間程は

犬の散歩に行ってるだろう、その間が勝負だ。

僕は、母親が完全に外出したのを見届けると、

大急ぎで自分の部屋に戻り準備に取り掛かった。
まずは、自分の部屋のテレビを点け、

PS2を起動させる。

PS2は常に配線を繋ぎっぱなしなので、

ここまで三十秒と掛かってない。

(いいペースだ)

我ながら感心するくらい順調であった。

そして、いよいよ鞄からその「物」を取り出した。

もうお分かりだと思うが、その「物」とは・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
部屋に鍵をかけ、ヘッドホンを使用してDVD観賞→どこからともなく箱ティッシュが飛んできた!!

その日、僕は学校の授業が終わると

一目散に家に飛んで帰って来た。

「ただいま……ハァハァ」

学校からずっとダッシュしてきたので、

家に着いた頃には息が切れ切れだった。

「お帰りなさい、今日は早かったのね?」

「うん……まぁ」

いつもより早く帰ったので、

母親が訝しんでいたが、

今はそんなことはどうでもいい。

僕は手洗い、うがいをし、

喉を潤すためにコップに三杯のジュースを

飲み干してからその時が来るのを待った。

(そろそろか……)

僕は、壁に掛かった時計に目をやってそう思った。

「散歩に行ってくるね」
「行ってらっしゃい(キタ……!)」

今は、夕方の五時。

母は、これから一時間程は

犬の散歩に行ってるだろう、その間が勝負だ。

僕は、母親が完全に外出したのを見届けると、

大急ぎで自分の部屋に戻り準備に取り掛かった。
まずは、自分の部屋のテレビを点け、

PS2を起動させる。

PS2は常に配線を繋ぎっぱなしなので、

ここまで三十秒と掛かってない。

(いいペースだ)

我ながら感心するくらい順調であった。

そして、いよいよ鞄からその「物」を取り出した。

もうお分かりだと思うが、その「物」とは・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る