uploaded

【フクシマの現実画像】まるで漫画やゲームの世界、でもこれは現実。震災から5年、「フクシマ」の今の光景に言葉を失った。

3.11の震災から4年半がたった2015年4月、ポーランド人のジャーナリスト・写真家、

アルカディウシュ・ ポドニエシンスキ氏は福島県を訪れ、許可のもと、

福島第一原発から20キロ圏内の現状を取材・撮影しました。

彼が帰国後レポートと共に公開した写真には、現在も立入禁止地区に

指定されている双葉町、浪江町、富岡町のゴーストタウン化した街並が映し出されていました。

現在の「フクシマ」の姿を写した彼の写真は、ヨーロッパを中心に

海外のメディアで取り上げられています。除染袋が積み上げられた海沿いや、

車が放置されたままの道路が緑に飲み込まれてゆく様子、

クモの巣と埃に覆われた商店やレストラン、人がいないのに点灯している街頭など、

時が止まってしまったような、しかし同時に長い時間の流れも感じる、

物悲しく、不気味で、ふと美しくも見える情景が世界に衝撃を与えています。

まるで映画、ゲーム、漫画の世界を彷彿させる立入禁止区域へ、

一歩足を踏み入れてみましょう。しかしこれらは嘘でもファンタジーでもない

「現実」を捉えた写真だということを、忘れないでください。

画像は全部で21枚あります。

まず、2枚の画像からご覧ください。

1. 山積みにされた除染袋、上空から

podniesinski.pl

 2. このような場所が何千カ所もある

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【フクシマの現実画像】まるで漫画やゲームの世界、でもこれは現実。震災から5年、「フクシマ」の今の光景に言葉を失った。

3.11の震災から4年半がたった2015年4月、ポーランド人のジャーナリスト・写真家、

アルカディウシュ・ ポドニエシンスキ氏は福島県を訪れ、許可のもと、

福島第一原発から20キロ圏内の現状を取材・撮影しました。

彼が帰国後レポートと共に公開した写真には、現在も立入禁止地区に

指定されている双葉町、浪江町、富岡町のゴーストタウン化した街並が映し出されていました。

現在の「フクシマ」の姿を写した彼の写真は、ヨーロッパを中心に

海外のメディアで取り上げられています。除染袋が積み上げられた海沿いや、

車が放置されたままの道路が緑に飲み込まれてゆく様子、

クモの巣と埃に覆われた商店やレストラン、人がいないのに点灯している街頭など、

時が止まってしまったような、しかし同時に長い時間の流れも感じる、

物悲しく、不気味で、ふと美しくも見える情景が世界に衝撃を与えています。

まるで映画、ゲーム、漫画の世界を彷彿させる立入禁止区域へ、

一歩足を踏み入れてみましょう。しかしこれらは嘘でもファンタジーでもない

「現実」を捉えた写真だということを、忘れないでください。

画像は全部で21枚あります。

まず、2枚の画像からご覧ください。

1. 山積みにされた除染袋、上空から

podniesinski.pl

 2. このような場所が何千カ所もある

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る