uploaded

死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景」世界各地の秘境と呼ばれる場所に注目が集まる昨今、「世界最後の秘境」と呼ぶに相応しい伝説の孤島が今世界中から注目を集めている。そこへ近づいたら最後、多くの訪問者は重傷を負い、最悪死亡するケースもあるという。

その民族は未だに、石器時代の生活を送っているという。

インド洋東部のアンダマン諸島に浮かぶ小さな島、北センチネル島。

そこに50~400人程度が居住していると考えられている先住民、「センチネル族」のギャラリー

 

- 彼らは現代文明を有さず、他民族との接触を拒否しており、

アンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。

- 2004年のスマトラ島沖地震に際しては、救援物資輸送のヘリコプターに対し、矢を放っている。

2006年、カニの密漁をしていたインド人2人が、寝ている間にボートが流され北センチネル島に漂着した。

二人は矢で射られ殺された。

インド政府が2人の遺体を回収しようとヘリコプターで向かうが、矢の雨が待ち構えていた。

遺体の回収はなされなかった。

-Wikipedia-

 

7

死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景」世界各地の秘境と呼ばれる場所に注目が集まる昨今、

「世界最後の秘境」と呼ぶに相応しい伝説の孤島が今世界中から注目を集めている。

そこへ近づいたら最後、多くの訪問者は重傷を負い、最悪死亡するケースもあるという。

 

その孤島は、東にマレー半島、西にはインド亜大陸に挟まれたベンガル湾に浮かぶ、

インド領アンダマン・ニコバル諸島に属する小さな孤島、「北センチネル島(North Sentinel Island)」だ。

上空から見れば、手つかずのジャングルと透明度の高い海、真っ白な砂浜が広がり、

その美しい絶景はまるでディカプリオ主演映画『ザ・ビーチ』の世界観を彷彿させる。

しかし、どんな理由であろうとも私たちはここに近づくことは許されない。

というのも、その島の先住民センチネル族は、その長い歴史の中、島外の世界との接触を一切拒否しており、

近づく者は誰であれ襲撃するといわれているからだ。

近代的兵器を装備するインド海軍に対しても矢の雨を浴びせるなどして接触を断固拒否。

インド政府も干渉することをあきらめ、現在は実質的にセンチネル族の主権が認められている。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景」世界各地の秘境と呼ばれる場所に注目が集まる昨今、「世界最後の秘境」と呼ぶに相応しい伝説の孤島が今世界中から注目を集めている。そこへ近づいたら最後、多くの訪問者は重傷を負い、最悪死亡するケースもあるという。

その民族は未だに、石器時代の生活を送っているという。

インド洋東部のアンダマン諸島に浮かぶ小さな島、北センチネル島。

そこに50~400人程度が居住していると考えられている先住民、「センチネル族」のギャラリー

 

- 彼らは現代文明を有さず、他民族との接触を拒否しており、

アンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。

- 2004年のスマトラ島沖地震に際しては、救援物資輸送のヘリコプターに対し、矢を放っている。

2006年、カニの密漁をしていたインド人2人が、寝ている間にボートが流され北センチネル島に漂着した。

二人は矢で射られ殺された。

インド政府が2人の遺体を回収しようとヘリコプターで向かうが、矢の雨が待ち構えていた。

遺体の回収はなされなかった。

-Wikipedia-

 

7

死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景」世界各地の秘境と呼ばれる場所に注目が集まる昨今、

「世界最後の秘境」と呼ぶに相応しい伝説の孤島が今世界中から注目を集めている。

そこへ近づいたら最後、多くの訪問者は重傷を負い、最悪死亡するケースもあるという。

 

その孤島は、東にマレー半島、西にはインド亜大陸に挟まれたベンガル湾に浮かぶ、

インド領アンダマン・ニコバル諸島に属する小さな孤島、「北センチネル島(North Sentinel Island)」だ。

上空から見れば、手つかずのジャングルと透明度の高い海、真っ白な砂浜が広がり、

その美しい絶景はまるでディカプリオ主演映画『ザ・ビーチ』の世界観を彷彿させる。

しかし、どんな理由であろうとも私たちはここに近づくことは許されない。

というのも、その島の先住民センチネル族は、その長い歴史の中、島外の世界との接触を一切拒否しており、

近づく者は誰であれ襲撃するといわれているからだ。

近代的兵器を装備するインド海軍に対しても矢の雨を浴びせるなどして接触を断固拒否。

インド政府も干渉することをあきらめ、現在は実質的にセンチネル族の主権が認められている。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る