uploaded

【3歳女児死亡事件】DQN母親らが虐待の方法をLINEで相談していたことが発覚!そして娘を虐待する瞬間も・・・

201601B_12

埼玉県狭山市で顔にやけどをした3歳の女の子が死亡し、

母親と同居の男が逮捕された事件で、

母親と男が女の子にどのような暴行を加えるか、

携帯電話のアプリ「LINE」でやり取りしていたことが新たに分かりました。

母親の藤本彩香容疑者(22)と同居していた大河原優樹容疑者(24)は

顔に重いやけどをした3歳の次女・羽月ちゃんを病院に連れていかず、

放置したとして、逮捕されました。

羽月ちゃんは今月9日頃、死亡。

狭山市のマンションで同居していた2人。

藤本容疑者を知る人は・・・

 「『ギャー』というヒステリックな一面はあった」(藤本容疑者の知人)
 「おとなしめでした、見た目の割には」(藤本容疑者の同級生)

一方、空調設備の仕事をしていたという大河原容疑者。

 「仕事は真面目にやっていましたし、今でも信じられない」(大河原容疑者の同僚)
 「(大河原容疑者は)6人きょうだいの長男で、弟・妹の面倒もみていた」(大河原容疑者の知人)

 その後の警察への取材で、藤本容疑者と大河原容疑者が携帯電話の無料通話アプリ、

「LINE」で羽月ちゃんに加えた暴行の内容を報告し合ったり、

次にどのような暴力を振るうか、相談し合ったりしていたことが新たに分かりました。

 奪われた幼い命。

なぜ救うことができなかったのでしょうか。

藤本容疑者の長女や羽月ちゃんが健康診断を受けていなかったことなどから、

狭山市は、2012年から去年にかけて、6度、家庭訪問する機会を持ちましたが問題はないと判断。

 「(2人は)問題ないというふうな状況であった」(狭山市保健センター 栗原雅美 所長)

2016y01m14d_073221337

 また、警察は「女の子が玄関前に出されている」などという近所からの通報を受け、2度、自宅を訪れます。しかし、虐待の痕跡が確認できないとして児童相談所に通告しませんでした。市も警察も「問題なし」と判断したため、児童相談所を含めた関係機関が集まる「要保護児童対策協議会」という会議でも、取り上げられませんでした。

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【3歳女児死亡事件】DQN母親らが虐待の方法をLINEで相談していたことが発覚!そして娘を虐待する瞬間も・・・

201601B_12

埼玉県狭山市で顔にやけどをした3歳の女の子が死亡し、

母親と同居の男が逮捕された事件で、

母親と男が女の子にどのような暴行を加えるか、

携帯電話のアプリ「LINE」でやり取りしていたことが新たに分かりました。

母親の藤本彩香容疑者(22)と同居していた大河原優樹容疑者(24)は

顔に重いやけどをした3歳の次女・羽月ちゃんを病院に連れていかず、

放置したとして、逮捕されました。

羽月ちゃんは今月9日頃、死亡。

狭山市のマンションで同居していた2人。

藤本容疑者を知る人は・・・

 「『ギャー』というヒステリックな一面はあった」(藤本容疑者の知人)
 「おとなしめでした、見た目の割には」(藤本容疑者の同級生)

一方、空調設備の仕事をしていたという大河原容疑者。

 「仕事は真面目にやっていましたし、今でも信じられない」(大河原容疑者の同僚)
 「(大河原容疑者は)6人きょうだいの長男で、弟・妹の面倒もみていた」(大河原容疑者の知人)

 その後の警察への取材で、藤本容疑者と大河原容疑者が携帯電話の無料通話アプリ、

「LINE」で羽月ちゃんに加えた暴行の内容を報告し合ったり、

次にどのような暴力を振るうか、相談し合ったりしていたことが新たに分かりました。

 奪われた幼い命。

なぜ救うことができなかったのでしょうか。

藤本容疑者の長女や羽月ちゃんが健康診断を受けていなかったことなどから、

狭山市は、2012年から去年にかけて、6度、家庭訪問する機会を持ちましたが問題はないと判断。

 「(2人は)問題ないというふうな状況であった」(狭山市保健センター 栗原雅美 所長)

2016y01m14d_073221337

 また、警察は「女の子が玄関前に出されている」などという近所からの通報を受け、2度、自宅を訪れます。しかし、虐待の痕跡が確認できないとして児童相談所に通告しませんでした。市も警察も「問題なし」と判断したため、児童相談所を含めた関係機関が集まる「要保護児童対策協議会」という会議でも、取り上げられませんでした。

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る