uploaded

電車にて。俺(JKの腰あたりに携帯向けて)ジーー、パシャ。女「…次の駅で降りましょう」俺「」→結婚

電車内にて

俺「……。」(JKの腰あたりに携帯向けて)

ジーー、パシャ。

JK「…ッ!」

 

嫁「(俺の腕ガシッ)…次の駅で降りましょう。」

俺「えっ!?あ、いや!ちがうよ!?」


ゴミを見る目つながりで俺も。
いまだに嫁に睨まれると肝が冷える。

 

今は昔、当時20代前半だった俺は
だらだら遊び呆けておりました。
お恥ずかしながら、
フリーターとスロプーの中間というか。


そんなある日、
ちょっぴり生活圏から外れた場所にある
パチ屋にて大規模なイベントがあり、
珍しく通勤ラッシュの時間帯に電車に乗ることに。


慣れないすし詰めの電車内で、
車両のど真ん中に突っ立っていると
どうも斜め前のJKの様子がおかしい。


おかしいっていうか、
俺のほうにぐいぐい身体押し付けてくる。
何これ。痴女JK?モテキ到来?
と、一瞬考えたものの
割とすぐ冷静になり、さりげなく観察。


うん、これアレだ。
俺に押し付けてるっつーか、
逆側から逃げようとしてる結果、
こっち来てるだけだわ。


平たく言うとこの娘、
俺の隣にいるおっさんに痴漢されてるわ。
なかなかにショッキングだった。

状況把握するときにチラッと顔みたけど、
結構かわいい。そして表情つらそう。


義憤に燃える俺。
一瞬ぬか喜びさせられた私怨にも燃える俺。

このおっさん許すまじ。
涼しい顔しやがってコラ。


とはいえ、このすし詰め電車で
はったおす訳にもいかない。

あと、俺は痴漢する奴と同じくらい、
痴漢冤罪をでっち上げる奴も嫌いだ。


いろいろ考えた末に俺は、
とりあえずこの状況の証拠を確保しようと考えた。
クールでクレバーな男はこうあらねばならぬ。


出来るだけこっそりと逆の手で携帯を開き、
画面を見ずに記憶と手探りでカメラ起動。


すばやくJKとおっさん側の手に携帯を回し、
多少勘便りで撮影ボタンを押す!
手ブレもクッションおいて吸収したはず!


やった!滑らかにやりよった!
まず間違いなく枠内に収めた手ごたえ。

「ジーー、パシャ!」

そして、マナーモードをものともせず
響き渡る俺の携帯の撮影音。


何にも考えてなかった。
冷静なつもりだったけど、
思い切りテンパってたんだと思う。

明らかに下半身のあたりから聞こえた
撮影音にざわつく、満員電車内。


反射的に振り向くと、
一転して俺へおびえた視線を向けるJK。
そして、血の気が引く俺。


本気で頭真っ白になると、
実際におしっこ漏れそうになるんねー。
ギリ我慢したわ。


ガッチリと腕を捕まれる俺。
今度はさすがにちょっと漏れたわ。


嫁「…次の駅で降りましょう。」

ゴミを見る目、って表現は
このためにあるってお顔してました。


俺「えっ、あっ、ちょっ。違うよ!?」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
電車にて。俺(JKの腰あたりに携帯向けて)ジーー、パシャ。女「…次の駅で降りましょう」俺「」→結婚

電車内にて

俺「……。」(JKの腰あたりに携帯向けて)

ジーー、パシャ。

JK「…ッ!」

 

嫁「(俺の腕ガシッ)…次の駅で降りましょう。」

俺「えっ!?あ、いや!ちがうよ!?」


ゴミを見る目つながりで俺も。
いまだに嫁に睨まれると肝が冷える。

 

今は昔、当時20代前半だった俺は
だらだら遊び呆けておりました。
お恥ずかしながら、
フリーターとスロプーの中間というか。


そんなある日、
ちょっぴり生活圏から外れた場所にある
パチ屋にて大規模なイベントがあり、
珍しく通勤ラッシュの時間帯に電車に乗ることに。


慣れないすし詰めの電車内で、
車両のど真ん中に突っ立っていると
どうも斜め前のJKの様子がおかしい。


おかしいっていうか、
俺のほうにぐいぐい身体押し付けてくる。
何これ。痴女JK?モテキ到来?
と、一瞬考えたものの
割とすぐ冷静になり、さりげなく観察。


うん、これアレだ。
俺に押し付けてるっつーか、
逆側から逃げようとしてる結果、
こっち来てるだけだわ。


平たく言うとこの娘、
俺の隣にいるおっさんに痴漢されてるわ。
なかなかにショッキングだった。

状況把握するときにチラッと顔みたけど、
結構かわいい。そして表情つらそう。


義憤に燃える俺。
一瞬ぬか喜びさせられた私怨にも燃える俺。

このおっさん許すまじ。
涼しい顔しやがってコラ。


とはいえ、このすし詰め電車で
はったおす訳にもいかない。

あと、俺は痴漢する奴と同じくらい、
痴漢冤罪をでっち上げる奴も嫌いだ。


いろいろ考えた末に俺は、
とりあえずこの状況の証拠を確保しようと考えた。
クールでクレバーな男はこうあらねばならぬ。


出来るだけこっそりと逆の手で携帯を開き、
画面を見ずに記憶と手探りでカメラ起動。


すばやくJKとおっさん側の手に携帯を回し、
多少勘便りで撮影ボタンを押す!
手ブレもクッションおいて吸収したはず!


やった!滑らかにやりよった!
まず間違いなく枠内に収めた手ごたえ。

「ジーー、パシャ!」

そして、マナーモードをものともせず
響き渡る俺の携帯の撮影音。


何にも考えてなかった。
冷静なつもりだったけど、
思い切りテンパってたんだと思う。

明らかに下半身のあたりから聞こえた
撮影音にざわつく、満員電車内。


反射的に振り向くと、
一転して俺へおびえた視線を向けるJK。
そして、血の気が引く俺。


本気で頭真っ白になると、
実際におしっこ漏れそうになるんねー。
ギリ我慢したわ。


ガッチリと腕を捕まれる俺。
今度はさすがにちょっと漏れたわ。


嫁「…次の駅で降りましょう。」

ゴミを見る目、って表現は
このためにあるってお顔してました。


俺「えっ、あっ、ちょっ。違うよ!?」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る